※お知らせ※

「有明佐賀空港」は平成26年4月1日より、アドレスが変更になりました。

3秒後に「新・有明佐賀空港」にジャンプします。

 

自動で変わらない場合は コチラ

http://www.pref.saga.lg.jp/web/ariakesaga-ap.html 

 

 

トップページ施設案内YS-11一般公開

トップページ

マイエアポート運動

フライト情報

アクセス

キャンペーン情報

施設案内

観光・宿泊案内

空港の概要

夜間貨物便

チャーター便

各種サービス案内

むっぴーEマガジン

リンク集

お問い合わせ

リンクはご自由にどうぞ

有明佐賀空港バナー

こちらのバナーをお使いください。

観光連盟のサイト『あそぼーさが』へ

佐賀県のホームページへ

戦後初の国産旅客機YS-11を一般公開中

直接機体に触れることができます。
平成24年4月6日より、毎日展示場内での見学ができます。(機内見学はできません)
機内見学をするには

  平日で学校教育の一環等であり見学者の人数が10名を超え、見学希望日の2週

  間前までに申し込みをされた場合に見学ができます。

※見学希望者は、佐賀空港事務所にお問い合わせください。

           

  • 開門日  毎日(ただし、荒天時は除く)
  • 開門時間 午前9時00分から午後5時00分まで(通年)
  • お問い合わせ先 佐賀空港事務所 0952-46-0150

 

 公開場所

 
より大きな地図で YS-11展示場 を表示


 

YS-11とは・・・

 今から半世紀ほど前に、当時の技術者が設計に没頭し、日本の航空機製造技術を結集して、完成した純国産旅客機です。
それからの約10年間で、182機が製造され、国内だけでなく世界各地で活躍しました。
 東京オリンピックの聖火を輸送したことで話題となり、当時の日本技術の象徴的存在として、多くの人々に愛されました。
 しかし、新たな衝突防止装置の設置が困難となり、平成18年9月30日のラストフライトをもって、惜しまれながら国内の民間定期路線より引退しており、現在は限られた場所でしかその姿を見ることができません。

有明佐賀空港のYS-11

 記念すべき100番目に製造された機体で、有明佐賀空港の開港にあわせてエアーニッポンから寄贈されました。
平成22年3月28日から空港公園において一般公開を行っています。

 

 

 

「YS-11の移設について(平成21年12月19日)』

 

なぜ、「YS-11」と呼ぶのですか?

 輸送機設計研究協会が開発したことから、Yは「輸送機」Sは「設計」の頭文字をとったものです。

最初の「1」は、機体設計案で装備するエンジンの候補が何種類かあり、その第1案のダート系エンジンを採用したので、「1」。
2番目の「1」は、何種類かある機体設計案の第1案を採用したので「1」です。
 これらを組み合わせてYS-11(ワイエスじゅういち)と呼ぶようになりました。


YS-11の性能は?

 最大離陸重量   25.0トン
 巡航速度      472km/Hr
 巡航距離      約1,240km
 離陸距離      約1,310m
 着陸距離      約1,110m
 横幅         32.00m
 長さ          26.30m
 高さ          8.98m
 旅客数        60~64名
 乗務員数      機長・副操縦士+客室乗務員(2名)


エンジンは?

 【メーカー】ロールス・ロイス社   【型式名】Dart Mk542-10j,k    【出力】2,680馬力




ページトップ
「有明佐賀空港」とは「佐賀空港」の愛称です。

佐賀県 交通政策部 空港課
Tel:0952-25-7104
Fax:0952-25-7318
E-mail:kuukou@pref.saga.lg.jp