採用情報TOP総合トップへ採用情報TOP総合トップへ

U・Iターン経験者採用 試験詳細

試験情報

 

平成28年度 佐賀県職員採用試験
〔U・Iターン型民間企業等職務経験者〕 

受付期間〔インターネット申込のみ〕

 平成28年度の受付は終了しました。たくさんの御応募ありがとうございました。

 

試験区分(職種)・採用予定者数・職務内容等

申し込むことができる試験区分は一つに限ります。また、受付完了後における変更は認められません。なお、採用予定者数は変更になることがあります。

試験区分

(職種)

採用予定者数

職 務 内 容

特に求める資質・経験等

民間企業等

職務経験者
(行政)

 17名

程度

主として知事部局において、これまで培ってきた知識・経験が活かせるような業務をはじめ、能力・適性・実績に配慮した分野での事務佐賀県外の民間企業等での職務経験を通して培った「意欲」、「経営感覚・コスト意識」、「企画力・実行力」、「柔軟な発想力」、「コミュニケーション能力・対人折衝能力」

JICA

ボランティア等経験者
(行政)

1名

程度

主として知事部局における多様な事務(ただし、配属先にあたっては、JICAボランティア等の活動内容や経験を考慮する場合がある)異なる文化や価値観を持つ外国、特に開発途上国という厳しい環境において、困難な状況を克服しながらボランティア活動に従事した経験
地域おこし協力隊経験者
(行政)

1名

程度

主として知事部局における多様な事務(ただし、配属先にあたっては、地域おこし協力隊としての活動内容や経験を考慮する場合がある)各地方自治体から、総務省の事業である「地域おこし協力隊」の隊員として委嘱され、その地域で生じている課題の解決に向けて、困難な状況を克服しながら地域協力活動を行った経験

(注)採用後の職位は係長級以下を予定しており、経験等に応じて決定されます。

(注)過去の民間企業等職務経験者試験での採用者の声をこちらに掲載しています。ぜひご覧ください。
 

受験資格

年齢等
(1)民間企業等職務経験者
要件
  • 昭和32年4月2日以降に生まれた人
  • 佐賀県外に登記上の本店を置く民間企業等(国の機関又は佐賀県外の地方公共団体の機関を含む。)における職務経験が平成28年6月末日現在で通算して5年以上ある人

注意点

「職務経験」には、会社員、自営業者等として6か月以上継続して就業していた期間が該当し、また、会社員の場合は、フルタイムの正規社員等として就業していた期間又は当該事業所におけるフルタイムの正規社員と週当たりの勤務時間が同じ勤務形態で就業していた期間が該当します。(アルバイト、パートタイムの期間は除く。)職務経験が複数の場合には通算することができますが、同一期間内に複数の職務に従事した場合には、いずれか一方のみの職歴に限ります。
 

(2)JICAボランティア等経験者
要件
  • 昭和52年4月2日以降に生まれた人
  • 独立行政法人国際協力機構が実施する青年海外協力隊等における活動経験のほか、非営利団体を通じ、海外での国際貢献活動に従事した経験が平成28年6月末日現在、直近7年間で通算して2年以上ある人

注意点

「活動経験」には、開発途上国・地域において1か月以上継続して活動していた期間が該当します。(留学、研修の期間は除く。)活動経験が複数の場合には通算することができますが、そのうち少なくとも1回は1年以上継続した活動を含むこととします。

 

(3)地域おこし協力隊経験者
要件
  • 昭和52年4月2日以降に生まれた人
  • 総務省の事業として地方自治体が実施する「地域おこし協力隊」の隊員として活動した経験が平成28年6月末日現在で通算して2年以上ある人

 

<全試験区分共通>
次のいずれかに該当する場合は受験できません。
  • 日本の国籍を有しない人
  • 地方公務員法第16条に該当する人
    • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
    • 禁錮(きんこ)以上の刑に処せられ、その執行が終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
    • 佐賀県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
 

試験の期日・会場

第1次試験
・民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者
第1次試験は書類選考となりますので、試験会場はありません。
 
・地域おこし協力隊経験者

期日

平成28年9月25日(日曜日)
会場

佐賀大学 本庄キャンパス

(佐賀市本庄町1番地)

 
第2次試験

期日

平成28年10月上旬~中旬(予定)
会場 佐賀市、東京都
備考 第1次試験合格通知の際、本人に通知します。

(注)第2次試験の試験地は、民間企業等職務経験者及びJICAボランティア等経験者では、佐賀市又は東京都のいずれかを選択できます。地域おこし協力隊経験者の試験地は、佐賀市のみとなります。なお、受験申込書の受理後における受験地の変更はできません。

 

最終試験

期日

平成28年11月上旬~中旬(予定)
会場 佐賀市
備考 第2次試験合格通知の際、本人に通知します。

 

試験の方法・内容

第1次試験
・民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者
書類選考 内容 受験申込時に提出するアピールシートによる審査
・地域おこし協力隊経験者
教養試験 内容

5枝択一式120問の筆記試験

出題予定分野:文章読解能力、数的能力、推理判断能力、人文・社会、自然に関する一般知識、基礎英語

論文試験※ 内容 思考力、論理性及び文章による表現力等を総合的に評価する筆記試験(一般的課題を出題)
※論文試験は第1次試験日(平成28年9月25日)に実施しますが、第2次試験科目として第1次試験合格者のみ採点を行い、第2次試験合格者の決定に使用します。
 
第2次試験
面接試験1 時間 1人当たり30分程度
内容

県職員として適する人物かどうかを評価する個別面接

 

最終試験
・民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者
論文試験 時間 1時間30分
内容 思考力、論理性及び文章による表現力等を総合的に評価する筆記試験(一般的課題を出題)
面接試験2 時間 1人当たり30分程度
内容

県職員として適する人物かどうかを評価する個別面接
(面接試験の参考とするため、適性検査(Web)を実施)

・地域おこし協力隊経験者
面接試験2 時間 1人当たり30分程度
内容

県職員として適する人物かどうかを評価する個別面接
(面接試験の参考とするため、適性検査(Web)を実施)

 

合格者の決定方法等

(1)第1次試験合格者
民間企業等職務経験者及びJICAボランティア等経験者については、アピールシートを審査して決定します。地域おこし協力隊経験者については、教養試験の得点(120点満点)の高点順に決定します。ただし、教養試験の得点又はアピールシートによる審査結果が一定の基準に満たない場合は不合格とします。
(2)第2次試験合格者
民間企業等職務経験者及びJICAボランティア等経験者については、面接試験1の得点(300点満点)の高点順に決定します。地域おこし協力隊経験者については、論文試験の得点(100点満点)と面接試験1の得点(300点満点)の合計得点(400点満点)の高点順に決定します。ただし、第2次試験の試験科目のうち一定の基準に満たない科目がある場合は不合格とします。
(3)最終合格者
民間企業等職務経験者及びJICAボランティア等経験者については、論文試験(100点満点)と面接試験2(300点満点)の合計得点(400点満点)の高点順に決定します。地域おこし協力隊経験者については、面接試験2の得点(300点満点)の高点順に決定します。ただし、最終試験の試験科目のうち一定の基準に満たない科目がある場合は不合格とします。
(4)受験申込書及びアピールシートの記載事項に虚偽又は不正がある場合は、試験の結果にかかわらず不合格とします。
 
配点等
第1次試験合格決定の配点等
民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者

科目

書類選考

配点

-

地域おこし協力隊経験者

科目

教養試験

配点

120

 
第2次試験合格決定の配点等
民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者

科目

面接試験1

第2次試験合格決定(満点)

配点

300

300

地域おこし協力隊経験者

科目

論文試験

(1)

面接試験1

(2)

第2次試験合格決定(満点)
(1)+(2)

配点

100

300

400

 
最終合格決定の配点等
民間企業等職務経験者、JICAボランティア等経験者

科目

論文試験
(1)

面接試験2
(2)

最終合格決定(満点)
(1)+(2)

配点

100

300

400

地域おこし協力隊経験者

科目

面接試験2

最終合格決定(満点)

配点

300

300

 

合格者発表(予定)

期 日

方 法

第1次試験

合格者発表

〔民間企業等職務経験者〕

〔JICAボランティア等経験者〕

平成28年9月23日(金曜日)

〔地域おこし協力隊経験者〕

平成28年9月30日(金曜日)

県庁の掲示板に掲示します。また、合格者にのみ文書で通知します。

(佐賀県職員採用情報ホームページにも掲載しますが、

 必ず県庁の掲示板又は文書で確認をしてください。)

第2次試験

合格者発表

平成28年10月下旬

最終合格者発表

平成28年11月下旬

 

最終合格から採用まで

最終合格者は採用予定者数等を考慮して決定されます。
最終合格者は採用候補者名簿に登載され、人事委員会は任命権者(知事)からの請求に応じて採用候補者名簿を提示し、任命権者(知事)はその中から採用面接の結果等により採用者を決定します。
最終合格者としての有効期間は、名簿登載日から平成30年3月31日までです。採用の時期は平成29年4月1日以降になります。

採用候補者名簿には採用予定者数より多く登載される場合がありますので、最終合格しても、採用が遅れることや、採用されない場合があります。

 
 

勤務条件

給与等(平成28年4月1日現在)

(1)初任給は採用者の経歴等を勘案の上、決定されます。

 例:平成29年4月1日の採用時に30歳、大学卒業後8年の民間経験を有する人 約25万円
 ※この例における給料月額は、民間経験年数が「採用後の職務に直接役立つと認められる職務に従事した期間」である場合のものです。

 ※給与改定により初任給が変わる場合があります。

(2)採用後の職位は係長級以下を予定しており、採用者の経験等を勘案の上、決定されます。

(3)このほか、扶養、住居、通勤、期末、勤勉、時間外勤務などの諸手当が支給要件に応じて支給されます。

   また、休暇等の勤務条件については、給与・待遇のページをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:32411)
佐賀県人事委員会事務局  任用担当   〒860-0041  佐賀市城内1-6-5  県庁南別館2階   電話:0952-25-7295   Fax:0952-25-7323  
(郵送物は 〒840-8570 佐賀市城内1-1-59 佐賀県人事委員会事務局  宛にお願いします)

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県人事委員会事務局 任用担当
〒840-0041  佐賀市城内1-6-5 県庁南別館2階
TEL:0952-25-7295 FAX:0952-25-7323
(郵送物は 〒840-8570 佐賀市城内1-1-59
佐賀県人事委員会事務局 宛にお願いします)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.