佐賀県総合トップへ

虐待を受けた子どもへの影響

虐待を受けた子どもへの影響

  児童虐待は、子どもに対するもっとも重大な権利侵害です。

  児童虐待は、成長段階にある子どもの心身に深刻な影響をもたらします。

 

身体への影響

 頭部外傷、頭蓋内出血、骨折、火傷、溺水による障がい、妊娠、性器の外傷、性感染症などがあります。また、愛情が遮断されることによる発育不全などが生じることがあります。

 

知的発達への影響

 身体的虐待の後遺症や、情緒的なかかわりの欠陥によって知的障がいが生じたり、ネグレクトによって子どもに必要な社会的刺激を与えないことから、知的発達が妨げられることがあります。

 

人格形成への影響

 大切に育てられている実感がないため、自尊心が育たず、自己否定的で、自暴自棄になり自傷や自殺未遂などの行為に結びつくことがあります。

 また、ちょっとした注意や叱責でも、虐待された場面がよみがえってパニックになったり、すぐに興奮して暴れたり、うつ状態や、無感動・無反応になってしまうなどの精神症状が現れたりする子どももいます。

 

行動への影響

 不安や孤独、虐待を受けたことへの怒りなどを様々な行動で表します。集中力の欠陥、落ち着きのなさ、衝動的な行動などが特徴として指摘されています。

 さらに、家に帰りたがらない、家出を繰り返す、万引きを繰り返したり、過度に性的な興味や関心を示すなどの非行の背景に虐待がある場合があります。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:703)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.