佐賀県総合トップへ

本県の庭木朝子氏が男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰を浅見豊子氏が女性のチャレンジ賞を受賞されます

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和元年6月21日

男女参画・こども局男女参画・女性の活躍推進課

担当者 金ヶ江、土井

直通 0952-25-7062

【E-mail】danjo-katsuyaku@pref.saga.lg.jp

 

本県の庭木朝子氏が男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰を浅見豊子氏が女性のチャレンジ賞を受賞されます

国においては、男女共同参画社会づくりに極めて顕著な功績のあった個人を表彰する「男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」が行われています。また、企業、NPO法人や地域での活動等にチャレンジすることで輝いている女性、女性団体・グループ及びチャレンジを支援する団体等を顕彰する「女性のチャレンジ賞」の表彰(内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)表彰)が行われています。
このたび、本県から、庭木朝子氏が男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰を浅見豊子氏が女性のチャレンジ賞を受賞されることとなりましたので、お知らせします。

1 受賞者 
 〇男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰
  庭木(にわき)朝子(あさこ)氏(ひとひとネット武雄代表)   
  (他全国で10名受賞)
 〇女性のチャレンジ賞
  浅見(あさみ)豊子(とよこ)氏(佐賀大学医学部付属病院リハビリテーション科診療教授)
 (他全国で6件受賞)

 

2 表彰の目的
 〇男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰
  男女共同参画週間(6月23日から6月29日)に合わせ、男女共同参画社会づくりに向けた取組の加速を図り、豊かで活力ある男女共同参画社会の形成に資すること
 〇女性のチャレンジ賞
  チャレンジの身近なモデルを示すことによって男女共同参画社会の実現のための機運を高めること

3 受賞功績 
 〇庭木朝子氏
  氏は、佐賀県男女共同参画推進員を平成14年度から平成21年度まで務められ、県の男女共同参画施策の推進に貢献された。また、平成23年3月からは、佐賀県男女共同参画推進審議会の委員を務め、佐賀県DV被害者支援基本計画や第4次佐賀県男女共同参画基本計画の策定に携わられ、基本計画策定に大きく寄与された。さらに、地元の武雄市においては、ひとひとネット武雄の設立当初から事務局長を務め、武雄市からの委託事業である女性相談や公民館などへの男女共同参画の出前講座など、地域に根差した、実践的できめ細かな活動に精力的に取り組まれている。
 〇浅見豊子氏
  氏は、女性医師として、どうしたらやりたいことを実行できるのかを考え、子育てしながら働ける環境を整え、工夫し、周囲の協力等も得ながら、家庭と仕事を両立してこられた。また、リハビリテーション科女性医師ネットワークの理事や県女医会の副会長を務め、女性医師の活動もサポートされている。医学においては、リハビリテーションの中でも、特に義肢装具の分野において重点的に取り組み、発展に寄与されている。リハビリテーション医学会学術集会においても女性初の学会長を務め、飯田賞本賞も受賞するなど、リハビリテーション医学界においても、女性として素晴らしい功績をおさめられている。
 
4 表彰式
  日時:令和元年6月25日(火曜日) 17時40分から18時05分まで
  場所:総理大臣官邸2階小ホール(東京都千代田区永田町2-3-1)


【参考:過去の県内受賞者】
 〇男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰
 ・平成12年度 時津凉歌氏(県地域婦人連絡協議会会長)
 ・平成25年度 後藤明子氏(佐賀県翼の会会長)
 ・平成27年度 山下史眞子氏(元特定非営利活動法人女性参画研究会・さが代表)
 〇女性のチャレンジ賞
 ・平成26年度 白須美紀子氏(矢鋪與左衛門窯)
 ・平成28年度 山領裕美氏(山領ファーム)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:69299)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.