佐賀県総合トップへ

中壢商業高級中等学校(台湾)が鳥栖商業高校を訪問し、学校交流を行いました

最終更新日:

 

 鳥栖商業高校(山口義民校長)は、平成28年度から佐賀県が取り組んでいる「世界とつながる佐賀県青少年交流推進事業」に参加し、交流を行っています。

  令和元年5月28日(火曜日)に中壢商業高級中等学校(台湾)の訪問団16名(生徒14名、引率2名)が、鳥栖商業高校を訪問し、授業交流、ランチ交流を通して親交を深めました。当日の交流の様子は、次のとおりです。

 

5月28日(火曜日) 鳥栖商業高校

 

 

◆11時00分~ 歓迎セレモニー

 全校生徒でお出迎えをしたあと、体育館にて歓迎セレモニーが行われました。自己紹介や学校紹介を通してお互いの学校や行事について知った後に、中壢商業高級中等学校は生徒によるダンス、鳥栖商業高校は吹奏楽部とダンス部による出し物が披露されました。式の最後には記念品贈呈が行われました。

01 02 03
        吹奏楽部とダンス部による出し物(鳥栖商業)                                                   記念品贈呈

 

◆12時50分~ 調理実習(たこ焼き・手巻き寿司作り)                                                  

 両校生徒で組んだパートナー同士で協力しながら、たこ焼きと手巻き寿司を作りました。

 出来上がった料理を食べつつ会話を楽しみ、交流を深めました。

04 05 06

       たこ焼き作り             手巻き寿司作り             みんなと一緒に

 

◆14時00分~ 授業・校内見学

 4斑に分かれ、各グループで授業の見学や校内施設を回りました。

07 10

◆14時15分~ レクリエーション(ビンゴゲーム)

11 12

◆15時00分~ 部活動見学・体験(鳥栖商業会館)

鳥栖商業会館にて、茶華道部と箏部のサポートのもと、茶道と箏の体験が行われました。茶道体験では慣れない正座と抹茶の苦みに戸惑いながらも、作法を体験する姿が印象的でした。

09 08
                      茶道体験                                箏体験

 今回、中壢商業高級中等学校は初めて鳥栖商業高校を訪問しました。初めはお互いにどうコミュニケーションを取ってよいのか難しいようでしたが、英語や身振り手振りでのコミュニケーションが盛んに行われ、交流を深めることができました。今後も、両校間でさらに友情が深まっていくことが期待されます。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:69230)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.