佐賀県総合トップへ

佐賀県全域と佐賀市の人口増加案企業誘致案

最終更新日:
 

ご意見

 兵庫県の明石市では、中学生までの医療費の無償化や安価な住宅の提供等といった魅力のある取組みにより若い世代の移住者が増えています。明石市では市をあげての取組みを行っています。
 また、同じ兵庫県の三木市では、民間バス会社と提携して通勤通学の時間帯を中心としたバスの運行に力を入れており、利便性の高さから同市にお住まいの方はこのバスをよく利用されるそうです。

 

 このような取組みを佐賀市や佐賀県でも実行してはどうでしょうか。

 

 福岡でマンションを購入する価格で、佐賀だったら1 戸建てが買えます。
 福岡では家が買えない若い人でも佐賀でマンションを買って、40 代・50 代の人は1戸建てや高級マンションを購入することが可能なのではないでしょうか。
 そして、通勤手段さえ充実したら、福岡から移住する人が増えるのではないでしょうか。
 前述の明石市では保育所等が不足しているので待機児童の解消にも奮闘しているとのことです。

 

 最後に佐賀には企業が少ないため、有望な若者が都会に流出し続けています。
 佐賀県ゆかりの企業を始めとして大きな工場や研究機関を誘致しましょう。
 気候は日本一穏やかで、農産物は実り豊かです。自転車ブームに火をつけ佐賀空港廻りに企業特区を創出する。佐賀空港は国際空港へと夢は広がります。私は佐賀が大好きです。

 

担当課の回答

 あなた様の「佐賀が大好き」との思いと郷里を誇りに思われるお気持ちをとても嬉しく感じております。
 このたびは「佐賀県への移住促進」についてのご提案をいただいたものと思います。

 

 佐賀市は、民間調査会社の行った調査において「人口あたりの医療、買い物、飲食など日常生活が充実」していること、「少ないコストで質の高い住宅に住むことができる」ことなどを理由に、東京・大阪・福岡などを含む全国100都市の中で、「都市の暮らしやすさ」では1位、「子育てしながら働ける環境にある」では3位のポテンシャル(可能性)があると評価されています。
 県では、このような佐賀の持つ魅力を磨き上げ、そのポテンシャルを県全域で高めることも視野に入れ、豊かな自然や歴史、みんなで助け合う県民性や土地柄、地域のコミュニティが生きているなど、子育てしやすい恵まれた環境を活かし、「結婚したい」、「子どもが欲しい」といった希望が叶えられ、「佐賀県で子育てがしたい」と思ってもらえるよう、平成27年度から「子育てし大県“さが”プロジェクト」に取り組み、全国で初めて県内全域で子どもが一人でも乗車できる「子育てタクシー」の運行など、独自の施策に積極的に取り組んできました。

 

 また、保育士・保育所支援センターによる保育士と保育所のマッチングや、保育士養成施設で学ぶ学生に対する修学資金の貸付など、待機児童が発生している大きな理由である保育士不足という課題にも精力的に取り組んでいるほか、東京都と福岡県に「さが移住サポートデスク」を設置し、移住をお考えの方と地域の方の交流や市町と協力した住宅情報の提供など、オール佐賀で移住促進に取り組んでいます。近年では、このような環境整備により20代、30代の移住者が着実に増えてきており、この人の流れを更に大きな流れとしていきたいと考えております。

 

 次に、兵庫県三木市を例にご提案いただいた、佐賀市と福岡市の間を結ぶアクセスの向上につきましては、西鉄の高速バスとJR九州の特急電車がよく利用されており、高速バスは佐賀駅と福岡市天神との間を約80 分、特急電車は佐賀駅と博多駅との間を約40 分で結んでいることから、双方とも通勤・通学などを支える利便性の高い移動手段となっています。さらに運行事業者においては、高速バスや特急電車を利用できる定期券の販売や、通勤・通学の時間帯の運行本数を他の時間帯よりも多く設定されるなど、佐賀市から福岡市への通勤・通学需要の取り込みにも取り組まれており、今後、県としても沿線市町とも連携しながら運行事業者と協議するなど、佐賀・福岡両県間の交通アクセスの利便性向上に努めてまいります。

 

 このほか、有望な若者が県外に流出しているとのご意見もいただいております。確かに、佐賀県は大学進学や就職などの機会に故郷を離れるという選択をせざるを得ない方が多くおられます。
 県ではこのような現状から、若者が県内での就職を選択するだけでなく県外からも若者を呼び込むことができるような地域にしていくことが必要と考えています。このため、県内外の生徒や学生に、佐賀県内の様々な企業や仕事に目を向けてもらうための取組みを進めるとともに、若者を中心とした多様な雇用の場を創出するため、工場や研究開発部門の誘致をはじめ、IT 関連企業などの誘致に力を入れています。
 これからも、多くの県民が佐賀で働き、さらには県外からの移住促進につながるよう、企業誘致にしっかりと取り組んでまいります。

 

 このような取組みにより、県内にお住まいの方はもちろんのこと、郷里を離れた方にも誇っていただけるような賑わいのある佐賀を創っていきたいと思います。

 

ご意見の担当課

■子育て支援に関すること

 健康福祉部 男女参画・こども局 こども未来課
 TEL:0952-25-7381

  E-mail: kodomomirai@pref.saga.lg.jp

 

■移住支援に関すること

 地域交流部 移住支援室
 TEL:0952-25-7393

 E-mail: sagasousei@pref.saga.lg.jp

 

■地域交通に関すること

 地域交流部 新幹線・地域交通課
 TEL:0952-25-7525

 E-mail: shinkansen-chiikikoutsuu@pref.saga.lg.jp

 

■企業誘致に関すること

 産業労働部 企業立地課
 TEL:0952-25-7097

 E-mail: kigyouricchi@pref.saga.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67315)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.