佐賀県総合トップへ

平成30年度の緑化功労者に唐津市の原二三夫さんが選ばれました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 平成31年2月20日

農林水産部森林整備課みどり推進担当

担当者 江頭、山浦

直通:0952-25-7136 内線:2483

【E-mail】shinrinseibi@pref.saga.lg.jp

 

 

平成30年度の緑化功労者に唐津市の(はら)二三夫(ふみお)さんが選ばれました

 

公益社団法人国土緑化推進機構では、国土緑化運動に永年にわたって貢献し、その功績が顕著であった方を緑化功労者として毎年表彰されています。

このたび、県から推薦していた唐津市の原二三夫さんが緑化功労者として、国土緑化推進機構理事長賞に選ばれましたのでお知らせします。

なお、緑化功労者の表彰は、平成31年(2019年)6月2日(日曜日)に愛知県で開催される第70回全国植樹祭の会場にて行われます。

 

 

1 佐賀県の受賞者

(はら) 二三夫(ふみお)さん(唐津市相知町・67歳)

 

<主な功績>

・原二三夫氏は、安全でおいしい本物のしいたけを追求し、クヌギなどの原木に、しいたけ菌を植えて自然の中で栽培する昔ながらの「原木しいたけ栽培」を約40年間続けられている。同氏は、しいたけの「ほだ場」に林内散水施設(スプリンクラー)を整備し、草刈り等の林内整備を怠らず、高品質の原木しいたけを栽培するために並々ならぬ努力を続けられている。同氏のように、しいたけの「ほだ場」の整備に力を入れている原木しいたけ生産者は県内でも少数であるため、同氏は、県内の原木しいたけ生産者のリーダー的な存在となっている。

 

・平成26年及び平成28年の全農(ほし)椎茸品評会において林野庁長官賞を受賞されており、同氏のしいたけ乾燥技術は全国の生産者の中でも高く評価されている。

 

・平成26年度から平成27年度まで、県内原木しいたけ生産者の栽培技術の向上と経営改善を目的に、生産者と農協等の販売・流通機関で組織する「佐賀県原木しいたけ栽培研究会」の会長を務められ、県内の子どもたちに地元で採れたおいしい原木しいたけを食べてもらいたいという思いから県内での学校給食への提供につながり、その納入量は県下トップクラスである。

 

・地域において、機械の共同化を推進し、生産性の向上や経営の効率化を図り、地域の椎茸生産者の収益の向上に努められている。

 

 

<役職>

・平成26~27年度:佐賀県原木しいたけ栽培研究会会長

 

 

2 表彰式(予定)

・開催日:2019年6月2日(日曜日)

・会 場:第70回全国植樹祭会場(愛知県)

 

<参考>第70回全国植樹祭

【開催場所】愛知県森林公園(尾張旭市・名古屋市)

【開催行事】式典行事、植樹行事など

 

※全国植樹祭は、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるため、毎年春期に天皇皇后両陛下ご臨席のもと、(公社)国土緑化推進機構と開催県の共催により行う国土緑化運動の行事です。

 

  

 

 ※「緑化功労者」に関する問合せ先

  公益社団法人 国土緑化推進機構

  TEL:03-3262-8451

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67110)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.