佐賀県総合トップへ

湖南(ホナム)園芸高校(韓国全羅南道)が高志館高校を訪問し、学校交流を行いました

最終更新日:

高志館高校(大坪正幸校長)は、佐賀県が取り組んでいる「世界とつながる佐賀県青少年交流推進事業」に平成25年度から参加しています。

平成30年11月22日(木曜日)に、湖南園芸高校(韓国全羅南道)の訪問団31名(生徒27名、教頭1名、引率3名)が、高志館高校を訪問し、バディとの体験実習などの交流活動を通してお互いの親交を深め合いました。

 

当日の交流の様子は、次のとおりです。

 

11月22日(木曜日)高志館高校

 

◆10時00分~ 開会式

 校長挨拶(高志館)   教頭挨拶(湖南)
      校長挨拶(高志館)             教頭挨拶(湖南園芸)

 生徒代表挨拶(高志館)   生徒代表挨拶(湖南)
     生徒代表挨拶(高志館)            生徒代表挨拶(湖南園芸)

 学校紹介
     学校紹介(湖南園芸)

 バディ紹介   バディ紹介(2)
                バディ紹介(高志館)

 

◆10時30分~ 体験実習、バディタイム

【フラワーアレンジメント】                                                

 プリザーブドフラワーを使い、自由にアレンジをして作品を作りました。様々な色のフラワーから自分の好きな色を選び、バディで話し合ったり園芸科の生徒さん達のサポートを受けたりしながら、作品を完成させました。両校生徒ともに出来栄えに大満足の様子で、お互いの作品をほめあっていました。

 フラワーアレンジ   フラワーアレンジ(2)
フラワーアレンジ(3)   フラワーアレンジ(4)

 

【伝統工芸品を用いた日韓共同制作】 【バディタイム】                            

 はじめに名尾和紙や制作手順の説明があり、名尾和紙でできたハガキに好きな漢字を選んで書きました。出来上がった作品に、お互いにメッセージを書き込む様子が見られました。完成したハガキは、後日記念写真と一緒に湖南園芸高校へ届けられることになっています。ハガキを書き終わったらバディタイムに入り、プレゼント交換をして、翻訳アプリや英語、身振り手振りを使って、会話を楽しんでいました。

 名尾和紙   名尾和紙(2)
名尾和紙(3)   バディタイム
 

◆11時50分~ ダンス披露(湖南園芸)

 湖南園芸高校の代表生徒によるダンス(2種類)が披露され、キレのある動きに両校生徒ともにお おいに盛り上がりました。ダンスの最後には、一人一文字ずつ書かれたカードを手にして、「嬉しいです♥」という文をつくり、高志館高校で交流ができる喜びを伝えていました。

 ダンス   ダンス(2)
   ダンス(3)   ダンス(4)

◆12時00分~ 閉会式、記念品交換

   閉会式挨拶   記念品交換
     校長挨拶(高志館)               記念品交換

 

◆12時10分~ 記念写真撮影

   記念撮影  

◆12時20分~ お見送り 

 見送り   見送り(2)

今年度は7月に高志館高校が湖南園芸高校を訪問し、今回の受入交流では数か月ぶりの再会となりました。高志館高校での受入交流は昨年度に引き続き2回目となり、参加する生徒の数も増え、お互いにリラックスした雰囲気の中、交流が行われていました。今後両校の友好関係がさらに深まっていくことが期待されます。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:65972)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.