佐賀県総合トップへ

平成29年佐賀県の健康寿命を算定しました

最終更新日:

 

平成29年の佐賀県の健康寿命は“男性79.65歳、女性84.35歳”

 第2次佐賀県健康プランでは、生活習慣病の予防や社会生活を営むために必要な機能の維持向上及びあらゆる世代の健やかな暮らしを支える良好な社会環境を構築することにより、健康寿命の延伸を図ることとしています。

 特に、平均寿命と健康寿命の差は日常生活に制限のある期間を意味するため、健康寿命の増加が平均寿命の増加分を上回り、平均寿命と健康寿命の差を縮小させるような目標の設定をしています。

 平成29年の健康寿命は男性79.65歳、女性84.35歳で、平成28年と比較すると男性は0.06歳延び、女性は0.5延びました。平均寿命との差は、男性が1.21歳で、女性は2.7歳となりました。

平均寿命の延びと健康寿命の延びを比較すると、男性は平均寿命が0.11歳延びたのに対し、健康寿命は0.06歳の延びでしたので、健康寿命の延びが平均寿命の延びを下回りました。女性は、平均寿命が0.06歳延びたのに対し、健康寿命は0.5歳延びたので、健康寿命の延びが平均寿命を上回る結果となりました。 

《佐賀県の平均寿命と健康寿命》

 

平成28年    (歳)

平成29年(歳)

寿命の延び

(対前年比)(歳)

平均寿命

男性

80.75

80.86

         0.11

女性

86.99

87.05

         0.06

健康寿命

(※1)日常生活動作が自立し

         ている期間の平均

男性

79.59

79.65

         0.06

女性

83.85

84.35

         0.5 

平均寿命と健康寿命の差

男性

1.16

1.21

 

女性

3.14

2.7

 

(※1)「日常生活動作が自立している期間の平均」=健康寿命

    健康な状態を、日常生活が自立していることと規定し、介護保険の要介護度の要介護2~5を不健康(要介護)な状態、それ以外を健康(自立)な状態とし、「健康寿命の算定方法の指針」(※2)をもとに、佐賀県健康増進課で算定している。

(※2)「健康寿命の算定方法の指針(平成24年9月)」

    平成24年度厚生労働省科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)による健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究班で作成された。

(算定に用いた資料)

   人口動態統計(平成29年確定数)人口・死亡数(厚生労働省)

  簡易生命表(平成29年)(厚生労働省)

   国保連合会業務統計(確定給付統計)(平成29年10月審査分・佐賀県国民健康保険団体連合会)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:65795)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.