佐賀県総合トップへ

ウォームビズの実施に御協力ください

最終更新日:
 県では、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減し地球温暖化対策を進めるため、下記のとおりウォームビズの取組を推進しています。

このウォームビズの取組の一環として、事業所及び従業員の家庭でウォームビズを実践することを宣言していただく「冬のウォームビズ宣言事業所」を募集します。  

また、佐賀県庁でも今年もウォームビズに取り組みますので、来庁者の皆様も御協力いただきますようお願いいたします。

さらに、各家庭におかれましても暖房時の室温20℃設定や、その暖房環境の中で快適に過ごすためのライフスタイルの導入等に取り組んでいただきますようお願いいたします。

 

ウォームビズの取組について

 実施期間 平成29年12月1日(金曜日)から 平成30年3月31日(土曜日)まで

 取組内容 地球温暖化対策のため、暖房時の室温20℃設定と、その暖房環境の中で快適に過ごすライフスタイルを推奨する。

 

  

〈具体的な取組〉
「冬のウォームビズ宣言事業所」の募集

  1  宣言内容

  (1)暖房時の室温20℃設定

  (2)当該暖房環境の中で、働きやすく暖かく過ごすための取組

  (3)従業員の御家庭における省エネの取組

  2 募集期間 

   実施期間終了まで随時受付けます。

  3 募集方法

   別添「冬のウォームビズ宣言事業所」登録申請書により、郵送、ファックス、電子メール等により県環境課 地球温暖化対策担当に提出してくださ           い。

  4 県の支援

  (1)登録証(事業所内掲示用)の交付

      A4サイズです。登録証に事業名を入れて交付します。

  (2)県ホームページ上で参加事業所の紹介 ※非公開希望者を除く。

 

(参考)過去の宣言事業所数 

平成28年度:377件、平成27年度:353件、平成26年度:307件

 
  

佐賀県庁におけるウォームビズの取組

 1 実施内容 

  (1)暖房時の室温20℃設定

  (2)当該暖房環境の中で、働きやすく暖かく過ごすための取組

  (3)職員の家庭における省エネの取組 

 

【参考】ウォームビズの取組例

 (1)暖房時の室温20℃設定

 (2)当該暖房環境の中で、働きやすく暖かく過ごすための各事業所の実情に応じた取組

    例

    • 暖かい空気を扇風機などで循環させる  
    • 暖かい空気を逃がさない工夫をする (ブラインドの活用、ドア付近にパーテーションを設置等)
    • 重ね着やひざ掛け等の保温アイテムの活用を積極的に奨励する
    • 来訪者への告知、協力依頼
    • 湯たんぽやカイロなどを活用する
    • 照明やOA機器等の節電を行う  等

 

 (3)家庭における省エネの取組

   例 

    • 不要な照明を消す
    • 使用していない電化製品のプラグを抜く
    • みんなで一つの部屋に集まる  等

 

添付ファイル




このページに関する
お問い合わせは
(ID:59152)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.