佐賀県総合トップへ

おもちゃの誤えん・窒息事故を防ぎましょう

最終更新日:

 子どもには「何でも口に入れる」という行動特性があります。おもちゃによる誤えん(食べ物又は異物が、何らかの理由によって、誤って気管に入った状態)・窒息(気道が閉塞して呼吸ができず、酸素不足の状態)事故を防ぐために注意しましょう。

 

消費者庁と消費者安全調査委員会が、誤えん・窒息事故を防ぐための情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

 

 

消費者庁 資料「小さいおもちゃの誤えん・窒息事故に注意!」

 詳細はPDF 消費者庁からの注意喚起資料 (PDF:453.2キロバイト)をご覧ください。

 

<注意ポイント>

  • 6~20mmの大きさのおもちゃやその部品などを子どもが口に入れると、窒息の恐れがあります。保護者は、乳幼児が小さいおもちゃで遊ぶときは、口に入れないように注意を徹底しましょう。
  • 小さいおもちゃなどは子どもの手の届かない所に保管しましょう。

<台の高さ+手が届く範囲の目安>

1歳→90cm  2歳→110cm  3歳→120cm

(例)1歳→90cm 台の高さが50cmの場合、台の手前から40cmのところまで手が届きます。

  • おもちゃの対象年齢は子どもの発達や安全面を考慮して設定されています。対象年齢に満たないおもちゃの購入・使用は控えましょう。兄弟のいる家庭では、年上の子のおもちゃに注意しましょう。
  • 離乳食・ミルクを与える前には、おもちゃの異物が口腔(口と咽頭に至る間)内に無いことを確認しましょう。

 

 

消費者安全調査委員会 動画「窒息事故から子どもを守る」

 誤えん・窒息のメカニズム、窒息時の救急救命法を映像で見ることができます。いざというときに備えて覚えておきましょう。

 

 

消費者安全調査委員会 ペーパークラフト「乳児くち・のど模型」

 乳児のくち・のどの模型を作れるようになっています。組み立てて、乳児のくち・のどの小ささ、小さいおもちゃの詰まりやすさを確認してみましょう。

 

 

消費者庁 公式ツイッター「子どもを事故から守る!」

 子どもの事故防止に関する情報発信を行っています。ぜひ、フォロー・リツイートをお願いします。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:58953)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.