佐賀県総合トップへ

毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です

最終更新日:
 

過労死等とは?

 業務における過重な負荷による脳・心臓疾患や業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする死亡やこれらの疾患のことです。

 

 

過労死等を防止するために事業主が取り組むべきことは?

 労働基準や労働安全衛生に関する法令の遵守などです。過労死の主な原因の一つである長時間労働の削減や、賃金不払残業の解消、年次有給休暇の取得促進のためには、単に法令を遵守するだけでなく、これまでの働き方を改め、仕事を生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のとれた働き方ができる職場環境づくりを進める必要があります。

 さらに、働き過ぎによる健康障害を防止するため、メンタルヘルス対策や生活習慣病の予防などの健康づくりなどへの取組も重要です。そうした取り組みは企業価値を高めることにもつながります。

 

 

長時間労働の削減に向けて事業主が取り組むべきことは?

 時間外、休日労働協定の内容を労働者に周知し、週労働時間が60時間以上の労働者をなくすよう努めましょう。

 会社が法定労働時間(原則、1日8時間、週40時間)を超えて時間外労働させる場合、または休日労働をさせる場合には、労働基準法36条に基づき、36協定を過半数労働組合(無い場合には過半数代表者)と締結し、労働基準監督署に届け出ることが義務づけられています。労働者に対して労働基準法を周知することはもとより、36協定が適切に結ばれるよう過半数代表者(過半数代表者に選出されうる労働者)に対しても、周知等を行うことが重要です。届け出られた協定は見やすい場所へ掲示するなどの方法により、労働者に周知することが必要です。

 

 

働き方はどのように見直せばよいですか?

 事業主はワーク・ライフ・バランスのとれた働き方ができる職場環境づくりを推進しましょう。使用者と労働者で話し合って計画的な年次有給休暇の取得などに取り組みましょう。

 過労死等の防止のためには、単に法令を遵守するだけでなく、これまでの働き方を改め、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のとれた働き方ができる職場環境づくりを進めることが必要です。仕事にやりがい・充実感を得ながら責任を果たすためには、適切な労働時間で効率的に働き、しっかり休暇を取得できる職場環境・業務体制の構築が不可欠です。

  

年次有給休暇の取得推進へ

 年次有給休暇とは、(1)6か月間の継続勤務(2)全労働日の8割以上の出勤という条件を満たした労働者(パート・アルバイトも同様)が休暇を取得できる権利のことです。労使で話し合って、年次有給休暇の計画的な取得を推進しましょう。年次有給休暇取得率を70%以上(平成32年まで)とする国の目標が定められています。

 

心の健康を保つために取り組むできことは?

 事業主はメンタルヘルス対策を積極的に推進し、労働者はストレスチェックにより自身のストレスの状況に気づき、セルフケアに努めましょう。

 

 

職場のパワーハランスメントの予防・解決に向けて取り組むべきことは?

 事業主はトップメッセージの打ち出しや職場内のルールづくりに取り組み、労働者は悩みを共有するなどしましょう。

 

 

労働者が過労死等の危険を感じた場合に備えて取り組むべきことは?

 労働者は自身の不調に気がついたら、周囲の人や、専門家に相談しましょう。事業主は労働者が相談に行きやすい環境づくりが必要です。上司・同僚も労働者の不調の兆候に気づき、産業保健スタッフ等につなぐことができるようにしていくことが重要です。

 

 

 

過労死等防止対策推進シンポジウム

 

日時

平成30年11月7日(水曜日)
18時00分~20時00分(受付17時30分~)

会場佐賀市交流センター エスプラッツホール
(佐賀市白山2丁目7-1)
定員150名
アクセス佐賀駅から【徒歩約20分】【タクシー約5分】
佐賀駅バスセンターから【各路線あり/エスプラッツ前、呉服元町、中の小路バス停にて下車】
主催     厚生労働省
後援佐賀県
協力過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
はたらくもののいのちと健康を守るネットワークさが

 

 

プログラム

 【基調講演】

「弁護士から見た過労死事案の実態と働き方改革」

 八木 大和 氏(福岡第一法律事務所) 

 【体験談発表】

「放送局記者過労死遺族からの訴え」

 佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会) 

 【パネルディスカッション】

「過労死ゼロに向けて私たちにできること」

司会:松永 敦彦 氏(はたらくもののいのちと健康を守るネットワークさが事務局長)

パネリスト:八木 大和 氏

      佐戸 恵美子 氏

      佐賀の過労死ご遺族

      本田 真由美 氏(佐賀労働局労働基準部監督課長) 

 

添付資料

労働条件等に関するご相談は

  •  佐賀労働局 労働基準部監督課 (開庁時間:平日 8時30分~17時15分)
   〒840-0801 佐賀市駅前中央3丁目3番20号 佐賀第2合同庁舎
   TEL:0952-32-7169
  •   労働基準監督署   (開庁時間:平日 8時30分~17時15分)

 

地方機関 郵便番号 所在地 電話
佐賀 案内図別ウィンドウで開きます(外部リンク) 〒840-0801 佐賀市駅前中央3-3-20 佐賀第2合同庁舎3F 0952-32-7133
唐津 案内図別ウィンドウで開きます(外部リンク) 〒847-0041 唐津市千代田町2109-122 0955-73-2179
武雄 案内図別ウィンドウで開きます(外部リンク) 〒843-0023 武雄市武雄町昭和758 0954-22-2165
伊万里 案内図別ウィンドウで開きます(外部リンク) 〒848-0027 伊万里市立花町大尾1891-64 0955-23-4155

 

  •   労働条件相談ほっとライン(電話相談)
         労働条件に関することについて無料で相談に応じています。
         0120-811-610 平日(月~金)17時00分~22時00分/土・日 9時00分~21時00分(12/29~1/3を除く)
 

 

  

このページに関する
お問い合わせは
(ID:57998)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.