佐賀県総合トップへ

海外のデザイナー及びアーティストが有田に滞在し創作活動を行います(平成29年度第3期募集開始)

最終更新日:

 

CREATIVE RESIDENCY IN ARITA

 

制作風景

Creative Residency in Arita は、2013 年に佐賀県とオランダ大使館のクリエイティブ産業の協定を得て、佐賀県の有田焼創業 400 年事業の一環として 立ち上がったアーティストデザイナーインレジデンス。2016 年 6 月から開始し、現在まで オランダのモンドリアン財団とクリエイティブインダストリ財団の助成を受け、6 名のクリエイターが有田で各3ヶ月間滞在し制作を行いました。

有田は、陶磁器が日本で初めて製造された場所です。陶磁器産業の町として非常に高度な技術と伝統の両方を保ち続け400 年間産業の産業が継続されています。本レジデンスプログラムは、有田が産業の町としてだけでなく、クリエイティブな町としてクリエイティブが集まるHUB 機能する場所になる様整備をを行なっていきます。

招聘したクリエイター達が地域住民と互いの知識や経験を共有し有田や佐賀県の風土や歴史といった地域文化を体験することで新しい視点でものづくりを行い、有田の技術や場所が作品を通して世界に発信されることで有田でしかできないものづくりを求めて世界中からクリエイティブ関係者が訪れる町を目指します。
2018 年、引き続きオランダからのクリエイターを受け入れます。また同時に 1 月からはオランダ以外の国からのクリエイターを募集し今後はより多くの国からのクリエイターを有田に招聘していく予定です。


* 2018 年のレジデンシーの募集を開始しました。詳しくは、募集要項をご覧ください。

 

CHARACTERISTICS OF ARITA

 

有田の風景

クリエイターの滞在する有田町内には、陶土職人、型職人、生地職人、窯元、商社全ての工程に関わるプロフェッショナルが点在しています。有田の特徴として、製造、販売、プロモーションが可能な土台が存在しているということです。本レジデンシープのログラムでは、クリエイターが窯元とパートナーとして一緒に作品を制作することが可能です。一つの地域にこれだけの要素が揃っているということは、クリエイターにとっても大変可能性が広がり、貴重な経験になるでしょう。
また、有田周辺には、陶磁器産業のみならず、農業や、豊かな自然風土、そして有田焼きを通して歴史が身近に感じることができる地域です。クリエイター達は3ヶ月の期間、様々な場面で地域の人々と交流することによって、有田焼きのみならず、日本文化やその土地特有の文化などにも触れ、制作に向き合う環境があります。

 

STUDIO SPACE

 

作業拠点

 

クリエイターの基本的な作業拠点は、窯業技術センターになります。佐賀県窯業技術センターは、地域の窯業関係者、特に窯元の技術サポートために設立されました。設備はガス窯、電気窯、木工工房、リサーチデザインルーム、釉薬研究室、3D プリンター、CNC ミリングマシーン、石膏型制作室など陶磁器の材料、成形、釉薬等のリサーチと試作制作に必要な設備は完備されています。

各分野の研究者が働いており、クリエイターはこの研究者からアドバイスを受けることが可能です。作業場は、共有の作業場が一つと個室が1つあります。大物などを制作する際は共有の作業場を使用し、絵付けなどプライベートな環境で作業を希望する場合は、個室の使用が可能です。
また、窯元や伝統工芸師とのコラボレーションをする際は、窯元の工房での作業も可能です。これらのマッチングは、コーディネーターと協議の上適切なマッチングを行います。また、クリエイターの3ヶ月間の作業やリサーチをサポートするために、コミュニケーションサポート(日英)と技術的なアドバイスをするための担当の専門員が在中しています。

 

Ruta Butkute

アーティストRuta Butkute 窯業技術センターにて陶板製作中。

 

Henri Jacobs1Henri Jacobs2
アーティストHenri Jacobs 、伝統工芸師より絵付けを習得。佐賀大学のスタジオにて。

 

Tijmen Smeulders
デザイナーTijmen Smeulders, 商社へのデザイン案プレゼンテーション。

 

Jan Broekstra
デザイナーJan Broekstra、デザインしたラーメン鉢を窯元に製造を依頼。

 

ACCOMODATION

 

宿泊施設

クリエイターの宿泊施設として地元商社の方の空き家をレノベーションした民家を使用しています。2名のクリエイターの3ヶ月の生活の拠点となります。

場所は、有田町の北側に位置し、作業拠点となる技術センターまでは、自転車で20分ほどのところになります。自転車で10分ほどでスーバーや、病院、銀行、有田駅など町の中心街に行くことができます。和室の個室1室、洋室1室、シャワー、トイレ、ダイニングキッチン、ラウンジ、リビング、庭が共有場所となります。冷蔵庫や、エアコン、洗濯機なども完備しています。隣人には大家さんが住んでおり、日々の生活で困ったときなどはしてい対応をしていただきます。

生活する中で、クリエイターは大家さんとのコミュニケーションからも日本文化の一面に触れることができるでしょう。

 

PRESENTATION & WORKSHOP

 

プレゼンテーション

クリエイター達には、レジデンスプログラムの始めと終わりにプレゼンテーションを行なっていただきます。最初のプレゼンテーションは、これまでの作品や作風を自己紹介とともに地元地域住民に周知する目的で、終了時には、有田での制作について地域住民や関わった関係者に報告会を行います。可能であれば成果物の展示も行っていただきます。さらに、もしクリエイターの希望する場合、有田以外の場所、例えば大阪や京都、東京などの都市での発表も可能です。これについては、作品制作の進行状況をコーディネーターと相談し進めていきます。

 

Jan Broekstra1Jan Broekstra3


Jan Broekstra2
デザイナーJan Broekstra、大阪でのラーメン屋台パフォーマンス。

 

Ruta Butkute1Ruta Butkute2
アーティスト、Ruta Butkute 大阪にて個展とアーティストトーク

 

CREATORS 2016-2017

 クリエイター1
Ruta Butkute / 06-08 2016
Artist, The Netherlands

 

 クリエイター2
Jan Broekstra / 06-08 2016
Designer, The Netherlands

 

クリエイター3
Henri Jacobs / 09-11 2016
Artist, The Netherlands

 

クリエイター4
Floris Wubben / 09-11 2016
Designer, The Netherlands

 

クリエイター5

Susan Kooi / 06-08 2017
Artist, The Netherlands

 

クリエイター6

Tijmen Smeulders / 06-08 2017
Designer, The Netherlands

 

next residence..
Helen Frick / 09-11 2017
Artist, The Netherlands

 

next residence..
Aliki Van Der Kruijs/ 09-11 2017
Designer, The Netherlands

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:57882)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.