佐賀県総合トップへ

平成29年度後期技能検定から実技試験受検料の受検者負担が軽減されます

最終更新日:

技能検定は、働く上で身に付ける、または必要とされる技能の習得レベルを評価(公証)する国家検定制度で、労働者の技能と地位の向上を図ることを目的に、機械加工、電子機器組立てなどの職種において実施されています。

今般、ものづくり分野に従事する若者の確保・育成を目的として、平成29年度後期技能検定から厚生労働省の措置により、2級又は3級を受検する35歳未満の方の受検料(実技試験)が減額となります。

また、今回の厚生労働省の減額措置では対象外となる1級受検者(単一等級を含む)や35歳以上の受検者等において、本県独自の措置として減額対象とすることにより、年代を問わず受検しやすい環境を整えました。

さらに、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施する技能検定機械保全職種の受検者に対しては、受検等級などに応じて奨励金を本県独自で支給する制度も設けています。

 なお、詳細につきましては、下記リンク先を御参照ください。

 

 

 技能検定に関しては、佐賀県職業能力開発協会(0952-24-6408)まで

    佐賀県職業能力開発協会のホームページはこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 機械保全職種の奨励金支給制度に関しては、佐賀県産業人材課(0952-25-7310)まで

    佐賀県産業人材課(機械保全職種の奨励金関係)のホームページはこちら別ウィンドウで開きます

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:57676)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.