佐賀県総合トップへ

廃棄物処理に関する排出事業者の責任について

最終更新日:
 

廃棄物処理に関する排出事業者の責任について

 事業活動に伴って排出される廃棄物については、廃棄物処理法第3条第1項において「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない」とする排出事業者責任が規定されており、順次強化されてきたところです。

しかし、平成28年1月に判明した、建設廃棄物の不法投棄や食品廃棄物の不正転売といった、廃棄物の不適正処理事案は後を絶たず、今回、排出事業者責任について改めて周知することとしました。

詳細については、環境省の通知を確認してください。

 
  
 

排出事業者責任とその重要性について

 

 廃棄物処理法第3条では、以下のような排出事業者責任を定めており、その責任は、廃棄物の処理を他人に委託すれば終了するものではありません。

  1 事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない

 

  2 当該廃棄物の再生利用等を行うことによりその減量に努めなければならない

 

 排出事業者は、その廃棄物について自ら処理するか、自ら行わず他人に委託する場合には、産業廃棄物であれば産業廃棄物処理業者等、一般廃棄物であれば一般廃棄物処理業者等、廃棄物処理法において他者の廃棄物を適正に処理することができると認められている者に委託しなければならないなど、廃棄物処理法における排出事業者責任に関する各規定の遵守について改めて認識する必要があります。


 

排出事業者と処理業者との間の委託契約について

 廃棄物処理における排出事業者の責任は極めて重く、排出事業者が廃棄物の処理を他人に委託する場合は、排出事業者としての責任を果たすため、委託する処理業者を自らの責任で決定すべきであり、また、処理委託の根幹的内容(委託する廃棄物の種類・数量、委託者が受託者に支払う料金、委託契約の有効期間等)は、排出事業者と処理業者の間で決定するものです。

 排出事業者は、排出事業者としての自らの責任を果たす観点から、これらの決定を第3者に委ねるべきではないことを認識する必要があります。

 

 

 

排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリストについて

 平成29年6月、環境省によって排出事業者として講ずべき措置を整理した「排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト」が作成されましたので、廃棄物の適正処理の参考にしてください。

 


 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:57480)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.