佐賀県総合トップへ

有効期間中のパスポートを損傷した場合

最終更新日:
 

有効期間中のパスポートを損傷した場合

 有効期間中のパスポートを損傷した場合は、損傷したパスポートを失効させ、新しくパスポートを作り直すことができます。
 この場合、新たにパスポートを作りますので、パスポート番号、発行年月日、有効期間満了日が変わります。
  
 【損傷の事例】
  • パスポートを洗濯してしまった。
  • 査証欄を破いてしまった。
  • 査証欄にメモ書きしてしまった。
  • 写真のあるページのラミネートがはがれてしまった。
  • ICパスポートのICチップが破損した。
 

注意事項等

  • 申請手続は、必ず申請者本人が行ってください。
  • 申請をされる時は、損傷したパスポートを必ず持参してください。
  • パスポートの損傷状態によって、必要書類が異なりますので、事前に市町の旅券窓口又は県パスポートデスクへお問い合わせください。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:56560)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.