佐賀県総合トップへ

紛失届

最終更新日:

 

有効期間中のパスポートを盗難・焼失・紛失したとき

 有効期間中のパスポートを盗難・焼失・紛失した場合は、速やかに旅券名義人本人が「紛失一般旅券等届出書」を提出する必要があります。

 ※代理人による届出はできません。

 

 

 【注意事項】

  • 紛失一般旅券等届出書を提出した後に、紛失したパスポートが発見されても、紛失一般旅券等届出書の取下げはできません。
  • 紛失一般旅券等届出書の提出により、紛失したパスポートの失効処理が行われますので、紛失一般旅券等届出書提出後にパスポートが発見されても使用できません。
  • 紛失届の提出と同時に、新しいパスポートを作る「新規申請」をすることもできます。

 

 

 

 

必要書類

1 紛失一般旅券等届出書:1通

  • 申請書は市町の旅券窓口、県パスポートデスクに置いてあります。

 

【注意事項】

  • 申請書には、申請者本人が記入する項目があります。字を書くことができない乳幼児及び未就学児童を除き、必ず申請者本人が記入してください。
  • 未成年者の申請については、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に法定代理人(親権者又は後見人)が自筆した署名が必要です。

 

 

 

2 紛失・焼失を立証する書類

 盗難・遺失の場合

   警察署からの「紛失届出証明書」

 

 焼失の場合

   消防署からの「罹災証明書」

 

 紛失等

   自宅等で紛失した場合や、「紛失届出証明書」「罹災証明書」の入手が困難な場合は、「事情説明書」

         ※「事情説明書」の様式は、市町の旅券窓口又は県パスポートデスクに置いてあります。

 

 
 

3 写真:1枚

提出写真規格
パスポート申請用写真に関する規格や注意事項については、以下のとおりです。
詳細については、
 
 
【写真の規格等】
  • 申請者本人のみが撮影されたもの
  • 提出の日前6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなし縦45ミリメートル×横35ミリメートルのサイズのもの
  • 正面向き、無帽、無背景で右図の各寸法を満たしたもの(顔の寸法は頭頂から顎(あご)まで)
  • カラーでも白黒でも可

 

【ふさわしくない写真】

  • 写真規格の各寸法を満たしていないもの
  • 不鮮明なもの、変色しているもの、影のあるもの、汚れや傷のあるもの
  • 明るさやコントラストが適当でないもの
  • 背景色が淡い色による均一な無地になっていないもの
  • 背景の色と髪の色、肌の色、洋服の色が区別しにくいもの
  • デジカメ等で撮ったもので画像が不鮮明、画質がよくないもの
  • 表情が通常の顔と大きく異なるもの(例えば、口を大きく開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 光の反射で黒目が欠けているもの、反射等で黒目が赤く写っているもの
  • メガネのレンズに光が反射しているもの、メガネのフレームが目にかかっているもの、フレームの影等で目元がわかりにくいもの等
  • サングラス、マスク、カラーコンタクトを着用しているもの
  • ヘアバンドやリボン等髪飾りをしているもの
  • イヤリング、ピアス等で顔の一部が隠れているもの
  • 髪を極端に変色したり、髪が目にかかっていたり、顔の一部を覆っているもの
  • タートルネック、スカーフ等で首元が隠れているもの

 

 

【注意事項】   

  • 持参された写真が旅券に転写されます。
  • 大きさや規格など細かい規定がありますので、なるべく写真店等でパスポート用と指定してお撮りください。
  • デジカメ、ボックス等で撮影された写真は、規格を満たさない場合が多いためご注意ください。
  • 不適当な写真の場合は、お撮り直しをお願いすることがあります。                           

 

 

 

  

4 本人確認書類(原本で有効なもの。コピーでは受け付けできません。)

(1)次の中から1点を提示してください。

○日本国旅券(有効中のもの又は有効期間満了後6か月以内のもの)

○運転免許証

○運転経歴証明書(※平成24年4月1日以降に交付されたもの)

○船員手帳  

○海技免状  

○小型船舶操縦免許証

○猟銃・空気銃所持許可証  

○戦傷病者手帳  

○宅地建物取引士証(宅地建物取引主任者証)

○電気工事士免状  

○無線従事者免許証  

○認定電気工事従事者認定証

○特殊電気工事資格者認定証  

○耐空検査員の証

○航空従事者技能証明書  

○運航管理者技能検定合格証明書

○動力車操縦者運転免許証  

○教習資格認定証

○警備業法第23条第4項に規定する合格証明書

○マイナンバーカード(個人番号カード)

○写真付きの住民基本台帳カード

○写真付き身体障害者手帳(写真張替え防止がなされているもの)

○官公庁(独立行政法人、特殊法人、地方独立行政法人を含む)職員の身分証明書(写真貼付のもの)

 

(2)上記(1)をお持ちでない方は、イとロから各1点、ただし、ロがない場合はイの中から2点を提示(提出)してください。

※組み合わせ不可のもの:イ+ロ○、イ●+ロ●、イ●+イ●、ロ○+ロ●、ロ●+ロ●)

 イ

○健康保険証(健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証)

○後期高齢者医療被保険者証 

○介護保険被保険者証

○年金証書・手帳(国民年金、厚生年金、船員保険年金、共済年金、恩給等証書)

○印鑑登録証明書(登録印も持参。○同一世帯の世帯主(●親権者)のものでも可。)

 ※同一世帯の世帯主の印鑑登録証明書を提示する場合、世帯主が記載された住民票が必要になります。

  ただし、親権者で行う場合は戸籍で確認できますので住民票は不要です。

●年金手帳(年金番号がないもの) 

●身体障害者手帳(写真がないもの等)

●療育手帳(写真がないもの等) 

●在学証明書

 ロ

○学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書(いずれも写真付)

○運転経歴証明書(※平成24年3月31日以前に交付されたもの)

●有効期間満了後6か月を超える旅券 

●帰国のための渡航書

●療育手帳(写真付)

 

 ※申請者が乳幼児・児童生徒(中学生以下)で、本人確認書類の提示又は提出が困難な場合は、法定代理人の本人確認書類での申請も可能です。

  ただし、法定代理人が窓口へ出頭されることが必要です。

 

 

 

5 住民票(住基ネットで検索可能なため、原則不要)

住民票は、「住民基本台帳ネットワークシステム」(住基ネット)により確認することができますので、原則として不要です。

ただし、次の方は、申請日前6か月以内に発行された住民票の写し(1通)が必要です。

(1)居所申請(住民登録している都道府県ではなく、現在居住している都道府県で申請すること)をする方

   ※居所申請のための必要書類については、居住している市町の旅券窓口又は県パスポートデスクでご確認ください。

(2)申請窓口において、住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない方
 

 

 

手数料

  • 紛失一般旅券等届出書のみを提出する場合は、手数料は不要です。
  • 紛失一般旅券等届出書の提出と同時に、新たにパスポートの発給申請をする場合は、新規発給にかかる手数料は必要です。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:56257)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.