佐賀県総合トップへ

beyond2020プログラムについて

最終更新日:

目次

 
 

beyond2020プログラムとは

〜日本文化の魅力を発信するとともに、2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラムです〜

 2020年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。2020年は、世界中から注目されることから、文化プログラムを通じて、日本の魅力を世界に発信する絶好の機会です。
  1. 2020年以降を見据え
  2. 日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし
  3. 成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーを創り出す
 そのような文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証します。
 
(参考)
 ※文化プログラムとは
 IOCのオリンピック憲章において、オリンピックの開催に当たり開催都市に実施が義務付けられている文化的なプログラムのこと。文化プログラムは、前のオリンピックが終わったときから、当該開催都市のオリンピックにわたる4年間の「カルチュラル・オリンピアード(Cultural Olympiad)」といわれる期間に実施されます。
 
 ※レガシーとは
 オリンピック開催を契機として社会に生み出される持続的な効果のことです。
  

beyond2020プログラムのロゴマーク

ロゴマーク
 ロゴマークを使って、オールジャパンで統一感を持って日本全国へ展開していきます。
beyond2020ロゴマークのデザインは、「いいね」や「グッド」などの賛同のジェスチャーをモチーフにしています。
加えて、beyondの「b」や、日本を象徴する「わ」とも読み取れます。
日本の文化を共に継承し拡げていきたい、との願いを込めて、2020年を新たなる発展へのステップとしてシンボライズしたロゴマークです。

 

 

beyond2020プログラムの特徴

  • 日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化に繋がるレガシーを創出します。
  • 営利活動、非営利活動に関わらず、文化に関わる幅広い活動を対象とします。
  • 日本全国津々浦々で実施される地域の祭りも含め、多様な分野の事業を認証します。
  • 公的機関のほか、民間事業者、その他任意団体等幅広い方にご参画いただけます。
 

認証のメリット(1) ロゴマークが使えます

  • 「beyond2020ロゴマーク」を使用できます。
  • ロゴマークは、サインや看板・告知物・販促物・商品等に使用できます。 
  • ただし、国際商標には対応していないので、ロゴマークの海外での使用は注意が必要です。
 

認証のメリット(2) WEBサイトで紹介されます

 以下のホームページで事業・活動が紹介されます。
 
CultureNIPPON
文化庁の文化情報ポータルサイト
 
bana-
内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局
 

beyond2020プログラムの申請方法について

beyond2020プログラムの認証要件

 (1)日本文化の魅力を発信する事業・活動であること

 ※日本文化とは、伝統的な芸術、現代舞台芸術、最先端技術を用いた各種アート、デザイン、クールジャパンとして世界中が注目するコンテンツ、メデ ィア芸術、ファッション、和食・日本酒などの食文化、地域の祭りや伝統的工芸品、和装、 花、木材・石材・畳等を活用した日本らしい建築など、多様なものを含んでいます。

   例)伝統芸能の公演

     地区のお祭り

     お酒を紹介するパンフレット制作

     伝統工芸の制作様子を記録・情報発信

     地域の物産フェア

     日本の会場でのクラシックコンサート 等

  

 (2)多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動であること

  • 障害者にとってのバリアを取り除く取組

   例)スロープのある会場での展覧会

     車いす優先席のあるコンサート

     点字の絵本の読み聞かせ会

     手話通訳と要約筆記を配置した講演会 等   

  • 外国人にとっての言語の壁を取り除く取組

   例)同時通訳を導入した講演会

     外国語字幕の映像制作、上映会

     外国語が話せる案内スタッフを配置した講演会

     外国語のパンフレット、HPによるPR

     外国語の解説を付した展示会 等 

 

申請方法(県内に拠点がある又は佐賀県内で事業・活動を行う場合)

 下記の「認証申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール又は郵便にて、ご送付ください。

 (送付先)

  〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1-1-59

  佐賀県文化・スポーツ交流局 文化課

  メールアドレスbunka@pref.saga.lg.jp

 ※ 認証申請書・実施報告書のメール送付に際しては、必ずエクセルファイルで提出してください。

 ※ 誓約書兼同意書は、日付、住所、法人・団体の名称、代表者名を記入・押印し、メールの場合、スキャンしたデータを提出してください。

 ※ 申請から認証まで2週間程度の期間を要します。

 ※ 佐賀県では、佐賀県内に拠点がある又は佐賀県内で事業・活動を行う団体のみ認証を行っています。

 

申請方法(佐賀県外に拠点がある又は佐賀県外で事業・活動を行う場合)

 佐賀県外に拠点がある者又は佐賀県外で事業・活動を行う場合は、beyond2020プログラム事務局及び文化庁beyond2020プログラム事務局で、受け付けています。以下のbeyond2020プログラムのホームページから申請ください。

   電話番号:0570-022320(通話料がかかります)

   受付時間:10時00分~17時00分(土・日・祝・年末年始除く)

   Email:shinsei@beyond2020program.jp 

   電話番号: 03-5657-0684 (通話料がかかります)
   受付時間:10時~17時(土・日・祝・年末年始除く)

   Email: bunkacho@beyond2020program.jp

 

 

佐賀県内の文化プログラムの取り組み

今後、実施される文化プログラム 

2018年

 イベント名

 開催日

 開催場所

 内容

 ピアノの駅プロジェクト  8月19日~  新鳥栖駅(佐賀県鳥栖市原古賀町220-2)

小城駅(佐賀県小城市三日月町久米2083)

 家庭でねむっているピアノを段差のない駅の空間に設置し、誰もが気軽に触れられるような環境を作ります。また、日本語と英語で「自由に触れてほしい」ことを伝えるオランダのナショナルカラーであるオレンジの看板を設置します。さらに、地域の学生や音楽活動をしている方々による設置記念のコンサートも行い、地域に根差した音楽の活動を促進していきます。また海外アーティストによるピアノの駅をめぐるコンサートも行い、より県民と近い形での音楽を通した海外との文化交流を行います。
 平成30年度唐津の歴史文化企画展 『唐津藩、幕末の波に臨む』 10月18日~12月18日 唐津城天守閣2階(佐賀県唐津市東城内8-1)常設展では、江戸時代の唐津の様子を歴代城主ごとに唐津に残こる資料と共に展示している他、唐津焼の展示や豊臣秀吉や小笠原長行の兜等の衣装の着用などが出来る体験コーナーを設け、来城されたお客様が唐津の歴史や文化に触れることが出来ます。又、デジタルサイネージを使用し、多くの方がSNS等で発信されています。今回の企画展では、維新博が開催もあり、唐津藩最後の藩主である小笠原氏に焦点をあて、幕末という激動の時代を唐津藩がどのように乗り越え、明治時代の新たな制度を迎えたのかを紹介します。天守閣には、階段昇降機を設置している他、案内表示を4カ国語表記し、御身体の不自由な方も、外国人観光客もお迎えしています。
 タイフェスティバルinSAGA2018 10月20日~21日 こころざしのもり[佐賀県立図書館南側広場](佐賀県佐賀市城内2-1-41) 佐賀県がホストタウンに登録されているタイ王国と佐賀県の文化に触れることができる文化交流事業を実施する。
段差ない会場レイアウトにするとともに、会場隣接の施設の多目的トイレを使用できるようにする。
 佐賀さいこうフェス2018 10月20日~21日 佐賀城本丸歴史館及びその周辺[佐賀城公園](佐賀県佐賀市城内1-10-11) 県内外で活躍するアーティストのワークショップ、佐賀県出身のミュージシャンによる音楽イベントのほか、アート活動を行う県内団体による展示・活動報告、福祉事業所による商品販売等を行う。
 国際学芸員サミット2018 10月27日 佐賀県立九州陶磁文化館(佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1) かつてヨーロッパを魅了した有田焼の歴史的・美術的価値に対する認識を再び高めていくために、ヨーロッパ等の主要な博物館から学芸員を招聘し、国際学芸員サミット2018を開催する。海外学芸員を佐賀県へ招聘し、国際学芸員サミット2018等の事業を通じて、有田焼の魅力を再認識してもらい、海外の博物館での有田焼の企画展示につなげることで、海外との文化交流が一層促進されることが期待される。また、国際学芸員サミット2018で海外の学芸員が有田焼の魅力について熱く語ることで、サミット参加者が有田焼の魅力を再認識することにつながり、海外との文化交流に興味を持つ人が増えることが期待される。なお、外国人の方が参加しやすいように英語通訳を配置し、障害者の方も参加しやすいよう、手話通訳者を手配する。

 

 

終了した文化プログラム

以下のFDFファイルをご参照ください。

 

東京2020応援プログラムについて

 

 東京2020応援プログラムとは

  東京2020応援プログラムとは、スポーツだけでなく、幅広い分野の事業・イベントを通じて、東京2020大会の盛り上げに向けたオリンピック・パラリンピックの機運醸成と、大会後のレガシー創出に向けて取り組むプログラムです。

 このプログラムに認証されると、文化に関する事業・イベントは、ロゴマークや「文化オリンピアード」という文言とともに、「オリンピック・パラリンピック」という文言が使用できます!

 

 ※「オリンピック・パラリンピック」という文言は、知的財産で保護されており、許可されたもの以外の使用が禁止されています。

 詳しくは、以下の大会ブランド保護基準をご確認ください。

  PDF 大会ブランド保護基準 別ウィンドウで開きます(PDF:604.3キロバイト)

 

 

申請方法

 大会組織委員会ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)にて、WEB申請できます。

 詳しい申請方法や認証要件は、以下のガイドラインをご確認ください。 

 

「祭り」イベントの募集について 

omote 
  「東京2020応援プログラム」は、これまで、飲食物の販売や民間企業の後援があるもの等については、認証されませんでした。
 しかし、この度、夏・秋(2018年6月~11月頃)に開催する「祭り」イベントについては、認証要件が緩和されました!!
  ぜひ、地域の「お祭り」から、東京2020大会とつながりませんか?
 
 詳しい、申請方法については、以下のガイドラインをご確認ください。

   PDF 「祭り」ガイドライン 別ウィンドウで開きます(PDF:1.49メガバイト)

   PDF チラシ 別ウィンドウで開きます(PDF:2.42メガバイト)

 

(認証のポイント)

  • 日本の伝統文化振興や地域活性などを通じ、東京2020大会の機運醸成・盛り上げに寄与する内容であること!
  • 主催者や共催者は非営利団体であること!
  • 協力や後援に、スポンサー以外の営利団体が入っていても認証されます!
  • ただし、原則、全国規模の企業は認証されませんのでご注意ください。
  • 飲食や物販を行うイベントも認証されます!



     

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:55833)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.