佐賀県総合トップへ

beyond2020プログラムについて

最終更新日:

目次

 
 
 

beyond2020プログラムとは

〜日本文化の魅力を発信するとともに、2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラムです〜

 2020年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。2020年は、世界中から注目されることから、文化プログラムを通じて、日本の魅力を世界に発信する絶好の機会です。
  1. 2020年以降を見据え
  2. 日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし
  3. 成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーを創り出す
 そのような文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証します。
 
(参考)
 ※文化プログラムとは
 IOCのオリンピック憲章において、オリンピックの開催に当たり開催都市に実施が義務付けられている文化的なプログラムのこと。文化プログラムは、前のオリンピックが終わったときから、当該開催都市のオリンピックにわたる4年間の「カルチュラル・オリンピアード(Cultural Olympiad)」といわれる期間に実施されます。
 
 ※レガシーとは
 オリンピック開催を契機として社会に生み出される持続的な効果のことです。
  

beyond2020プログラムのロゴマーク

ロゴマーク
 ロゴマークを使って、オールジャパンで統一感を持って日本全国へ展開していきます。
beyond2020ロゴマークのデザインは、「いいね」や「グッド」などの賛同のジェスチャーをモチーフにしています。
加えて、beyondの「b」や、日本を象徴する「わ」とも読み取れます。
日本の文化を共に継承し拡げていきたい、との願いを込めて、2020年を新たなる発展へのステップとしてシンボライズしたロゴマークです。

 

 

beyond2020プログラムの特徴

  • 日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化に繋がるレガシーを創出します。
  • 営利活動、非営利活動に関わらず、文化に関わる幅広い活動を対象とします。
  • 日本全国津々浦々で実施される地域の祭りも含め、多様な分野の事業を認証します。
  • 公的機関のほか、民間事業者、その他任意団体等幅広い方にご参画いただけます。
 

認証のメリット(1) ロゴマークが使えます

  • 「beyond2020ロゴマーク」を使用できます。
  • ロゴマークは、サインや看板・告知物・販促物・商品等に使用できます。 
  • ただし、国際商標には対応していないので、ロゴマークの海外での使用は注意が必要です。
 

認証のメリット(2) WEBサイトで紹介されます

 以下のホームページで事業・活動が紹介されます。
 
CultureNIPPON
化庁の文化情報ポータルサイト
 
bana-
閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局
 
 

beyond2020プログラムの申請方法について

beyond2020プログラムの認証要件

 (1)日本文化の魅力を発信する事業・活動であること

 ※日本文化とは、伝統的な芸術、現代舞台芸術、最先端技術を用いた各種アート、デザイン、クールジャパンとして世界中が注目するコンテンツ、メデ ィア芸術、ファッション、和食・日本酒などの食文化、地域の祭りや伝統的工芸品、和装、 花、木材・石材・畳等を活用した日本らしい建築など、多様なものを含んでいます。

   例)伝統芸能の公演

     地区のお祭り

     お酒を紹介するパンフレット制作

     伝統工芸の制作様子を記録・情報発信

     地域の物産フェア

     日本の会場でのクラシックコンサート 等

  

 (2)多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動であること

  • 障害者にとってのバリアを取り除く取組

   例)スロープのある会場での展覧会

     車いす優先席のあるコンサート

     点字の絵本の読み聞かせ会

     手話通訳と要約筆記を配置した講演会 等   

  • 外国人にとっての言語の壁を取り除く取組

   例)同時通訳を導入した講演会

     外国語字幕の映像制作、上映会

     外国語が話せる案内スタッフを配置した講演会

     外国語のパンフレット、HPによるPR

     外国語の解説を付した展示会 等 

 

申請方法(県内に拠点がある又は佐賀県内で事業・活動を行う場合)

 下記の「認証申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール又は郵便にて、ご送付ください。

 (送付先)

  〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1-1-59

  佐賀県文化・スポーツ交流局 文化課

  メールアドレスbunka@pref.saga.lg.jp

 ※ 認証申請書・実施報告書のメール送付に際しては、必ずエクセルファイルで提出してください。

 ※ 誓約書兼同意書は、日付、住所、法人・団体の名称、代表者名を記入・押印し、メールの場合、スキャンしたデータを提出してください。

 ※ 申請から認証まで2週間程度の期間を要します。

 ※佐賀県では、佐賀県内に拠点がある者又は佐賀県内で事業・活動を行う者のみ認証を行っています。

 

申請方法(佐賀県外に拠点がある又は佐賀県外で事業・活動を行う場合)

 佐賀県外に拠点がある者又は佐賀県外で事業・活動を行う者は、beyond2020プログラム事務局及び文化庁beyond2020プログラム事務局で、受け付けています。以下のbeyond2020プログラムのホームページから申請ください。

   電話番号:0570-022320(通話料がかかります)

   受付時間:10時00分~17時00分(土・日・祝・年末年始除く)

   Email:shinsei@beyond2020program.jp 

   電話番号: 03-5657-0684 (通話料がかかります)
   受付時間:10時~17時(土・日・祝・年末年始除く)

   Email: bunkacho@beyond2020program.jp

 


 

佐賀県内の文化プログラムの取り組み

今後、実施される文化プログラム 

2018年

 イベント名

 開催日

 開催場所

 内容

 みんなで楽しむ映画上映会別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 1月13日

 鹿島市生涯学習センターエイブル

(佐賀県鹿島市大字納富分2700-1)

 視覚や聴覚障害のある方でも映画を楽しむことができるよう、副音声と字幕を備えたバリアフリー映画を無料上映する。
上映映画に縁がある人を招聘し、トークイベントを開催する。

 

終了した文化プログラム

 2017年

 イベント名

 開催日

 開催場所

 内容

 佐賀さいこうアートプロジェクト2017「ランタンづくりワークショップ」事業別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 9月30日~10月1日

みゆき公園 多目的運動広場

(佐賀県嬉野市大字下宿甲2834)

 県内在住のアーティストともに、自由に絵を描き、ランタン用の筒に入れてランタンを完成させる。出来上がったランタンは、10月21日(土曜日)に佐賀城本丸歴史館周辺で開催する「佐賀さいこうフェス」の夜に灯りの演出で飾る。誰もが気軽に参加できるワークショップ。

 オランダ、ジャパン・フェスティバル2017への出展

 10月8日

 オランダアムステルフェーン市

 オランダの日蘭交流イベント「ジャパン・フェスティバル2017」に佐賀県ブースを出展し、オランダにおける県の認知度向上を図り、オランダとの交流を促進するため、オランダ語・日本語併記の展示・パンフレットにより、オランダと佐賀との歴史的繋がりや、現在の交流(有田焼、ホストタウン)について紹介するとともに、佐賀県の伝統菓子「丸ぼうろ」の実演と無料ワークショップを行う。

 肥前大茶会2017『旅する大茶会』別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 10月14日~10月15日

 慧洲園・武雄センチュリーホテル・陽光美術館

(佐賀県武雄市慧洲園周辺)

 日本遺産に認定された「肥前窯業圏」のうち、本県の5市町が一堂に会し、やきもの文化と親和性の高いお茶の各流派とコラボして開催する茶会である。同日、やきもの雑貨マルシェやご当地グルメマルシェも開催予定。また、日本遺産5ヶ国語対応パンフレットも設置。
 さがさいこうフェス別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 10月21日~22日

 佐賀城本丸歴史館及びその周辺

(佐賀県佐賀市城内1)

 「アート」「音楽」「歴史」の要素を凝縮したイベント。
 タイフェア in SAGA 2017別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 10月21日~22日

 佐賀大学

(佐賀県佐賀市本庄1)

 タイと佐賀県の文化に触れることのできる文化交流プログラム
 佐賀市民芸術祭別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 11月10日~12日

 佐賀市文化会館

(佐賀県佐賀市日の出一丁目21-10)

 今年5回目を迎える佐賀市出身または佐賀で活躍するアーティストを市民に広く紹介するとともに、誰もが気軽に文化芸術に親しめる機会を提供し、全市が一体となった文化振興を図る。
 国際学芸員サミット2017 世界の学芸員が語る 有田焼・佐賀の魅力

 11月11日

 九州陶磁文化館 講堂

(佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1)

 ヨーロッパ等の主要国博物館の学芸員を佐賀県へ招聘し、交流事業を通じてその価値を再認識してもらい、海外博物館との人的ネットワークを強化することを目的に、自国の文化・所属する博物館の紹介、有田焼等のコレクションの魅力・価値を学芸員が語る。

 オランダClassic in SAGA 2017別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 11月22日

 嬉野市社会文化館【リバティ】他

(佐賀県嬉野市大字五町田甲628)

 オランダと日本の音楽家による学校訪問、コンサート、トークショー、展示

みんなで楽しむ映画上映会別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 12月3日

 シアター・シエマ

(佐賀県佐賀市松原2丁目14-16)

 視覚や聴覚障害のある方でも映画を楽しむことができるよう、副音声と字幕を備えたバリアフリー映画を無料上映する。
上映映画に縁がある人を招聘し、トークイベントを開催する。

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:55833)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.