佐賀県総合トップへ

処方せんの偽造・変造は犯罪です

最終更新日:
処方せんを偽造したり、変造して医薬品を不正に入手する事件が問題となっています。
処方せんの偽造・変造は犯罪です

医療機関から発行された処方せんをコピーしたり、書き換えたりすることは違法行為です。

処方せんは、患者一人ひとりの体の状態に合わせて発行されていますので、処方せんは、

正しく取扱いましょう。                                                              

  • 医療機関から発行された処方せんをコピーしない
  • 処方せんに記載された日数や医薬品の数量を書き換えない
  • 処方せんに医薬品などを書き足さない

 

・処方せんを偽造・変造した場合

  刑法第159条(私文書偽造等) 3月以上5年以下の懲役

・偽造・変造した処方せんを使用した場合

  刑法第161条(偽造私文書等行使)3月以上5年以下の懲役

・麻薬処方せんを偽造・変造した場合

  麻薬及び向精神薬取締法第70条第14号 1年以下の懲役若しくは20万円以下の罰金

・向精神薬処方箋を偽造・変造した場合

  麻薬及び向精神薬取締法第72条第4号 20万円以下の罰金

 
 

薬局の皆様へ

「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、

その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない。」(薬剤師法第24条)とされています。

偽造・変造された処方せんを発見した場合には、速やかに、薬務課や薬剤師会及び警察に連絡してください。


このページに関する
お問い合わせは
(ID:55730)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.