佐賀県総合トップへ

腸管出血性大腸菌感染症についての情報

最終更新日:
 

腸管出血性大腸菌感染症について

 腸管出血性大腸菌は、ベロ毒素という強い毒素を出し、腸管を傷つける病原菌です。代表的なものは、「O157」、「O26」、「O111」などがあります。

 腸管出血性大腸菌に感染すると、腹痛や水様性下痢、嘔吐、血便などの症状が出ます。特に、乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こしやすく、溶血性尿毒症症候群(HUS)※などの重篤な症状を引き起こす可能性がありますので注意してください。
 また、二次感染(感染者から他の人に感染すること)しやすい病原菌ですので、排泄後や調理前などは手洗いを十分にしましょう。

 

 

腸管出血性大腸菌は、食品等についた少量の菌で感染するため、食品等の取扱いには注意しましょう

 食品を取扱う際には、感染予防のため、次のようなことに注意する必要があります。

  • 手をよく洗う。
  • まな板、包丁、布巾などの調理器具は台所用洗剤でよく洗い、定期的に熱湯をかけて消毒しましょう。
  • 食材、食品は、冷蔵庫で保管し、新鮮なうちに食べましょう。
  • 中心温度が75度、1分間以上を目安として十分加熱しましょう。
  • 特に、乳幼児や高齢者は、抵抗力が弱いので、生ものや生焼けの食品は食べないようにしましょう。

 

 

腸管出血性大腸菌は、動物から感染することもあるので、動物とのふれあいには注意しましょう

 動物とふれあうことは、情操教育にも良いとされていますが、感染予防のため、次のようなことに注意する必要があります。

 また、乳幼児などは監督者による十分な注意が必要です。

  • 動物とふれあった後は、必ず、石けんを使用して十分に手洗いをしましょう。
  • 動物の糞便には触れないようにしましょう。
  • 動物とは、キスなどの過剰なふれあいをしないようにしましょう。
  • 動物とふれあう場所では、飲食や喫煙などをしないようにしましょう。

 

 

気になる症状があったら、医師の診察を受けましょう

  • 主な症状は、腹痛、水様性下痢、嘔吐、血便などです。
  • 適切な抗生物質等の治療で早期に回復する病気ですが、まれに溶血性尿毒症症候群(HUS)※などの重篤な症状が出ることがあります。
  • くれぐれも自己判断で市販の下痢止めなどを飲まないでください。自己判断による服薬等で重症化をまねくことがあります。
  • 下痢症状のある人や周囲に下痢症状のある人がいる場合は、石けんで念入りに手を洗いましょう。
 ※溶血性尿毒症症候群(HUS)とは、赤血球の破壊を原因とする貧血や血小板の減少、急性腎不全を三主徴とする症候群です。
 

参考リンク

厚生労働省ホームページ「腸管出血性大腸菌Q&A」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

厚生労働省ホームページ「腸管出血性大腸菌による食中毒」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

国立感染症研究所ホームページ「腸管出血性大腸菌感染症とは」別ウィンドウで開きます(外部リンク) 

 

佐賀県ホームページ「「手洗い」をしましょう」

このページに関する
お問い合わせは
(ID:54839)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.