佐賀県総合トップへ

部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)が施行されました

最終更新日:

 

 平成28年12月に「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消推進法)」が施行されました。

 

 部落差別(同和問題)とは、自分の能力や人柄とは関係なく生まれた場所やそこに住んでいるという理由だけで、結婚を反対されたり、就職や日常生活で差別を受けるという日本固有の深刻な人権問題です。

 日本の歴史の中でつくられた身分制度に基づく、根深い差別意識や誤った認識、偏見が、現代社会においても未だに存在しています。

 

 この法律では、部落差別は許されないものであるとの認識のもとに、部落差別を解消することの必要性について、国民の理解を深めるよう努めることにより、部落差別のない社会を実現することを目指しています。

 

 私たち一人ひとりが自分のこととして考え、「差別をしない、させない」という意識を持って行動しましょう。

 

 

部落差別の解消の推進に関する法律(平成28年法律第109号)

 

関連リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:54663)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.