佐賀県総合トップへ

特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちの皆様へ

最終更新日:
 

平成29年12月31日で経過措置が終了します

 平成26年12月末までに難病の医療費受給者証(以下、受給者証)の交付を受け、平成27年1月以降も継続して受給者証をお持ちの方(以下、経過措置対象者)に対して適用されていた経過措置が終了します。

 経過措置対象者は、現在ピンク色の受給者証をお持ちの方です。

 平成30年1月1日以降は、変更となる点がありますので、ご留意ください。

 

1.支給認定の要件が変わります

(1)経過措置(平成29年12月31日まで)
 これまでは、指定難病にり患されている方であれば、支給認定をうけることができていました。
 
(2)原則(平成30年1月1日から)
 平成29年度の更新からは、厚生労働大臣の定める診断基準を満たす方のうち、下記のいずれかを満たす方のみ支給認定を受けることができます。
 ・厚生労働大臣が定める重症度基準を満たす方
 ・重症度基準を満たしていない場合でも、指定難病にかかる月ごとの医療費総額(10割分)が33,330円を超える月が申請月以前の12か月間に3月以上ある場合(PDF 軽症高額該当 別ウィンドウで開きます(PDF:108キロバイト))
 
 ※厚生労働大臣が定める基準を満たすかどうかは、主治医にご相談ください
  各指定難病の診断基準及び重症度基準は、厚生労働省HP別ウィンドウで開きます(外部リンク)でご確認いただけます
 ※軽症高額該当として支給認定を受けるには、PDF 医療費証明書 別ウィンドウで開きます(PDF:47.8キロバイト)等を添えて申請する必要があります
 
 

2.毎月の自己負担上限額が変わります

 平成30年1月1日からは、下記の点が変更になります。
(1)PDF 原則の自己負担上限額 別ウィンドウで開きます(PDF:61.9キロバイト)が適用されます
(2)重症患者認定が廃止されます
(3)PDF 高額かつ長期 別ウィンドウで開きます(PDF:104.7キロバイト)が適用されます(1か月ごとの指定難病の医療費総額が5万円を超える月が年間6回以上ある場合)
 
 

3.入院時の食事自己負担額が変わります

 平成30年1月1日からは、入院時の食事自己負担は全額自己負担となります。
 
 

4.平成29年度更新申請の注意点

 平成29年度の更新申請の際には、軽症高額該当や高額かつ長期に該当するとして申請をする場合が考えられます。
 医療費総額は、PDF 自己負担上限額管理票 別ウィンドウで開きます(PDF:81.6キロバイト)で確認できます。
 
 




 


 



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:53996)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.