佐賀県総合トップへ

鹿島実業高校が上海工商信息学校(上海)を訪問し、学校交流を行いました

最終更新日:

 鹿島実業高校(林嘉英校長)は、平成24年度から佐賀県が取り組んでいる「世界とつながる佐賀県青少年交流推進事業」に参加しています。

 平成28年10月27日(木曜日)、鹿島実業高校の訪問団13名(生徒10名、校長、引率教諭2名)が、交流校である上海工商信息学校を訪問し、調理実習やスポーツを通して交流を行いました。

 行程は、次のとおりです。

 

10月26日(水曜日)

午後:出国(九州佐賀国際空港~上海浦東国際空港)

夜:外灘視察

 中国の中に、突如広がるヨーロッパの町並みに驚きました。

  わいたん

10月27日(木曜日) 

午前:学校訪問

 ○キャンパス見学

  相手校の規模の大きさに圧倒されました。

 1 

 ○合同調理実習

一緒にワンタンや春巻きを作りました。手取り足取り教えてもらいながら、なんとか作り上げました。

  ワンタン 

 ○ランチ

  携帯電話の翻訳ソフトなどでコミュニケーションをとりました。

 連絡先交換  

 ○出し物

  鹿島実業からは歌を披露しました。 

  だしもの

 ○授業見学(簿記)

  中国の帳簿は、大変興味深かったようです。

  帳簿

 ○スポーツ交流(バスケットボール)

  多くの生徒たちが応援に駆けつけてくれて、白熱した試合になりました。結果は鹿島実業が勝利。

  スポーツ交流

午後:朱家角訪問

交流相手の学校がある青浦(チンプー)区で、昔ながらの水郷の町並みが保存されている朱家角を訪問しました。商店街では、豚足やかえるなど地元の食材も多く見られました。

  朱家角

夜:上海県人会江頭氏との会食

 江頭氏の現在に至るまでの波乱万丈な半生と世界に対する視点のもち方について講話をいただきました。勇気をもって挑戦することの大切さや、外国から見た日本文化の素晴らしさを学びました。 

 講話1 講話2                  

 

10月28日(金曜日)

終日:上海市内視察(上海動物園、豫園庭園、豫園商城、城隍廟、価格調査:LOTUS、UNIQLO)

 中国ならではの動物を見ることができました。城隍廟では学問の神様に中国式のお参りをするなど、貴重な体験をすることができました。市場調査では、日中の価格の違いを調査しました。

  視察 

 

10月29日(土曜日)

午前:帰国(上海浦東国際空港~九州佐賀国際空港)

今回中国を訪問した生徒たちの感想です。

「中国の学生が、日本のアニメや漫画をよく知っていることに驚きました。」

「あまりよい印象がなかったけど、行ってみたら思っていたよりもきれいで、人々も優しくて驚いた。もっと中国について知りたくなった。」

「食の違いや香辛料の独特のにおいも、行ったからこそ知ることができたのでよかった。」

「もっといろいろな国を訪問し、その国のよいところを見て学びたい。」

生徒たちは、中国に暮らす人々やその生活など見て、多くのことを学んだようです。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:52955)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.