佐賀県総合トップへ

県有財産の有効活用に向け民間事業者の皆様のご意見を募集します

最終更新日:

 

県有財産の有効活用に向け民間事業者の皆様のご意見を募集します。

 佐賀県では、県有財産の総合的かつ長期的な管理・活用を図っているところですが、更なる活用を図るためには様々な可能性を把握する必要があると考えているところです。

 しかしながら、庁内での検討だけでは市場性の有無や公募事業の成立の可否についての判断が難しいことから、幅広い視点から検討を行うため、佐賀県が民間事業者の皆様との「対話」を通じて土地・建物等の活用のアイディアを調査する「サウンディング型市場調査※」を実施し、今後の検討の際の参考とします。

 

サウンディング型市場調査とは

 県有財産の有効活用の検討にあたって、その活用方法について民間事業者等から広く意見、提案を求め、対話を通じて市場性を検討する調査のことです。

 

1 今回実施するサウンディング型市場調査の対象地

 (1)佐賀県旧知事公舎(佐賀市中の小路4-8)

  • 旧知事写真1旧知事写真2旧知事写真3旧知事写真4
     
  •  (2)くすかぜ広場(佐賀市松原1-1-1)
  •  くすかぜ1 くすかぜ2 くすかぜ3
  •  (3)対象地の概要
  •  

      (1) 佐賀県旧知事公舎      (2) くすかぜ広場

    所在地

    佐賀市中の小路4-8

    佐賀市松原1-1-1

    土地面積

    2089.44平方メートル

    3888.91平方メートル

    建物等概要

    ・構造  :木造2階建瓦葺

    ・建築面積:310.15平方メートル

    ・延べ面積:430.50平方メートル

    建物なし

    (屋外広告塔、噴水池、ベンチ、水飲み器、給排水装置、照明塔、レンガ縁石等の工作物あり)

    都市計画による制限

    ・用途地域:第一種住居地域

    ・防火地域:準防火地域

    ※佐賀市の特別用途地区

    (文教地区)に所在

    ・用途地域:商業地域

    ・防火地域:準防火地域

    建築・造成等に関する制限

    ・建ぺい率: 60%

    ・容積率 :200%

    ・高さ制限:制限なし

    ・建ぺい率: 80%

    ・容積率 :400%

    ・高さ制限:制限なし

    アクセス

    ・JR佐賀駅徒歩約20分

    ・中の小路バス停徒歩約4分

    ・JR佐賀駅徒歩約20分

    ・県警本部前バス亭徒歩約1分

    近隣の標準地価

    62,300円/平方メートル

    69,000円/平方メートル

     

  •  (4)対象地の位置図 

 

2 サウンディング(対話)の対象者

 民間事業者(事業の実施主体となる意向を有する法人又は法人のグループ
 

3 求める提案

  (1) 旧知事公舎
   ・ 佐賀県旧知事公舎の土地・建物一体での活用(貸付を前提)

   ・建物は、そのデザイン及び景観等(全部又は一部)を活かした活用

    (例:公邸部分のみ活用(私邸部分の取り壊し、公邸部の意匠を残した復元等)

   ・土地は、庭の景観を活かした活用

   ※ 建物や庭園そのものの意匠を大切にし、地域の素材や伝統工芸をアレンジしたデザインを取り入れることで、「佐賀らしさ」を表現しつつ活用し

   ていくことを想定

  (2) くすかぜ広場

   ・ 当該地への建物建設以外の活用
   ・噴水等の工作物の撤去や、樹木を伐採した形での活用も可

   ※庭園風の緑地として整備されている当該地は、「にぎわい」を創出する拠点としてのポテンシャルを有していると考えられることから、そのような
  活用方法を想定
 

4 サウンディング型市場調査の実施スケジュール

 (1)事前説明会及び現地見学会の開催・・・12月7日(水曜日)
   ※すでに終了しておりますが、この日以外でも随時受付中ですのでご連絡ください!
 (2)サウンディング(対話)への参加受付・・・12月7日(水曜日)から12月28日(水曜日)
 (3)サウンディング(対話)の実施・・・1月10日(火曜日)から1月20日(金曜日)
 (4)実施結果概要の公表・・・1月下旬以降 
  

5 サウンディング(対話)の参加受付及び実施

 参加する場合は別紙のエントリーシートに必要事項を記入し、12月28日(水曜日)までに連絡先メールアドレスに送付をお願いいたします。なお、件名は「【サウンディング参加申込】」としてください。

実施期間は平成29年1月10日(火曜日)~平成29年1月20日(金曜日)までの午前9時~午後5時までとします。実施期間内で参加希望日を第3希望まで記入してください。また、出席する人数は1グループにつき5名以内としてください。

 ※対話内容等の詳細は各実施要領をご確認ください。

 

6 質問の受付

  質問はメールにて随時受け付けますので、連絡先メールアドレスに送付をお願いいたします。なお、件名は「【サウンディング質問事項】」としてください。

 

7 期待される効果

(1) 県にとって期待される効果

・活用の早い段階で、実施主体となる意向を有する民間事業者の「土地・建物等の活用可能性」を調査することで、活用方法について幅広い検討が可能となります。

・地域の状況や行政課題を提示してサウンディング(対話)することで、課題の解決に向け、民間事業者のノウハウを活かした活用案の検討が可能となります。

 (2) 民間事業者にとって期待される効果

・サウンディング(対話)により県の事業方針や考えを直接聞くことができ、民間事業者としての考えも伝えることができます。

・サウンディング(対話)を通じて自らのノウハウと創意工夫を一定程度公募内容に反映できる可能性があります。

 

8 留意事項

(1) 参加事業者及び対話内容の取扱い

・対話内容は、今後の検討において参考とさせていただきます。なお、対話は参加事業者のアイディア及びノウハウ保護のため個別に行います。

・実際に事業者公募が実施される場合、サウンディング(対話)への参加自体は評価対象とはなりません。

(2) サウンディング(対話)に関する費用

・サウンディング(対話)への参加に要する費用は参加事業者の負担とします。

(3) 追加対話への協力依頼

・必要に応じて追加対話(文書照会含む)やアンケート等を行うことがあります。ご協力をお願いいたします。

(4) 参加除外条件

以下の条件に該当する場合は、対話に対象者として認めないこととします。

・地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

・参加申込書提出時点で、佐賀県建設工事等入札参加資格者の指名停止を受けていないこと。

・会社更生法(平成14年法律第154号)及び民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく更生・再生手続き中の者でないこと。

・自己又は自社の役員等が、次のいずれにも該当する者でないこと、及び次のイからキまでに掲げる者が、その経営に実質的に関与していないこと。

ア 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)

イ 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)

ウ 暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

エ 自己、自社若しくは第三者の不正な利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって暴力団又は暴力団員を利用している者

オ 暴力団又は暴力団員に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等直接的又は積極的に暴力団の維持運営に協力し、又は関与している者

カ 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

キ 暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれらを利用している者

9 提供資料

このページに関する
お問い合わせは
(ID:51631)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.