佐賀県総合トップへ
2016年8月9日

CERN(セルン)での研修を終えた県立高校の物理教師が古谷教育長を訪問します

 

CERN(セルン)での研修を終えた県立高校の物理教師が古谷教育長を訪問します

 本県では、生徒の理科離れや科学離れが指摘されている現状を踏まえて、高等学校の物理教師や生徒などに、最先端の素粒子物理学などの基礎科学に触れる機会を提供する取り組みを行っています。

この一環として、素粒子物理学の世界的な研究拠点であるCERN(欧州原子核研究機構)において、1998年から毎年夏に開催されている「高校物理教師のためのCERN研修プログラム(CERN Programme for Physics High School Teachers)」に、佐賀県立佐賀北高等学校の石﨑 真理子 教諭を派遣していました。

 このたび、研修を終えた石﨑教諭が、下記のとおり古谷教育長を訪問しますので、お知らせします。

 

 

1 訪問日時・場所

日時 平成28年8月9日(火曜日)9時30分~10時00分

      場所 新行政棟10階 教育委員会室

 

2 訪問者

      佐賀県立佐賀北高等学校 石﨑 真理子 教諭〔物理〕(38歳)

 

3 研修の概要

(1)研修名称

CERN Programme for Physics High School Teachers

(High School Teachers Programme 2016)【略称:HST2016】

研修プログラムへの日本からの参加者はこれまで8名いますが、すべて本県から派遣された高校の物理教師です。

 

(2)研修期間

平成28年7月3日(日曜日)~7月23日(土曜日)(21日間)

 

(3)研修場所

CERN  European Organization for Nuclear Research

CERN CH-1211, Geneva 23, Switzerland

(4)その他

CERNとは

ジュネーブ郊外のスイスとフランスの国境にある世界最大規模の素粒子・原子核研究所。1954年に欧州の英・独・仏・伊など12ヵ国が共同出資して設立されたのが始まり。WWW(World Wide Web)の発祥地でもある。

大型ハドロン衝突型加速器LHC(Large Hadron Collider)を有し、2013年にヒッグス粒子を発見したことで話題になった。

 

「高校物理教師のためのCERN研修プログラム」とは

CERNにおいて1998年から毎年7月頃に開催されている研修プログラム。CERNメンバー国をはじめ、世界各国から集まった高校の物理教師たちが、3週間CERNに滞在し、現場の研究者による講義の聴講や、実験施設見学、ディスカッション等を行う。(※プログラムは全て英語)

 

 

添付ファイル

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:49682)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.