佐賀県総合トップへ

インターネットで一般用医薬品を購入する際の注意事項

 インターネット上には、一般用医薬品の販売許可を得ていない違法な販売サイトや、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)による安全性が確認されていない海外医薬品や偽造医薬品を販売しているサイトなどもあり、それらによる健康被害や消費者トラブルも発生しています。

 医薬品は健康や生命にかかわるものですので、医薬品医療機器等法により誇大広告は禁止されています。価格の安さや薬の効果などを強調する広告に惑わされず、安全な医薬品を、安心できる販売サイトから購入するようにしましょう。

 

まずは販売サイトのチェックをしましょう!!

 インターネット販売では、一定のルールがあり、以下の項目が、掲載されている必要があります。 

  • 店舗の正式名称や住所
  • 店舗の開設者や所管自治体など、許可証の内容
  • 相談用の連絡先
  • 実際の店舗の写真
  • 勤務中の薬剤師などの氏名
  • 医薬品の写真、使用期限が掲載       など

 信頼できる薬局・薬店の販売サイトから、ご購入ください。

 

 各自治体に報告された販売サイトのホームページアドレスを、次のサイトから検索できます。購入しようとする店舗が掲載されているか確認しましょう。

注)各自治体へのネット販売サイトの届出から、掲載まで、タイムラグがあります。 

 

 詳しくはこちら↓↓ 

【厚生労働省一般用医薬品の販売サイト一覧】別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 違法な販売サイトや違法な薬物の販売を見かけたときは、そうしたサイトを利用しないのはもちろんのこと、厚生労働省が設置する「あやしいヤクブツ連絡ネット」または佐賀県庁薬務課に連絡してください。

 

詳しくはこちら↓↓

【厚生労働省あやしいヤクブツ連絡ネット】別ウィンドウで開きます(外部リンク)


 また、副作用などのリスクを避け、安全に、効果的に医薬品を利用するために、医薬品を購入するときには、自分の健康状態などについて、薬剤師などの専門家に正しい情報をきちんと伝えることが重要です。インターネットで一般用医薬品を購入するときには、性別や年齢、症状、現在服用している薬やアレルギーの有無など、薬剤師・登録販売者からの質問に対して、正しく答えましょう。

 妊娠中の方や持病のある方、現在、服用している薬がある方などは、医薬品を使用する際に注意が必要です。医薬品を買うとき、使うときには、薬剤師などの専門家に相談しましょう。

 また、医薬品を使って体に異常を感じたときは、ただちに使用を中止し、販売時に情報提供された相談窓口に連絡するなど、薬剤師などの専門家に相談してください。

 

医薬品の副作用による被害の救済について

 医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。

 

詳しくはこちら↓↓

【独立行政法人 医薬品医療機器総合機構「一般の皆さま向け」】別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

関連サイト

 厚生労働省「一般用医薬品販売制度」 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:34253)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.