佐賀県総合トップへ

宅地建物取引士の資格登録簿の内容に変更があった場合の申請手続き(宅建業法第20条)

最終更新日:

 宅地建物取引士の登録を行った方は、登録内容のうち,氏名、住所、本籍及び従事する業者に変更があった場合に、宅地建物取引業法第20条に基づき、遅滞なく変更登録申請書を提出してください。

 なお、佐賀県庁(7階) 建築住宅課 総務宅建担当で、持参又は郵送での申請を受け付けています。

 

  1)資格登録のみで宅地建物取引士証の交付を受けていない方

    必要書類を添付し、「変更登録申請書 新しいウィンドウで(109KB; MS-Wordファイル)」を提出してください。

 

  2)宅地建物取引士証の交付を受けている方

   変更項目に「氏名」又は「住所」がある場合は、必要書類を添付し、「変更登録申請書 新しいウィンドウで(109KB; MS-Wordファイル)」を提出するとともに、「書換え交付申請書 新しいウィンドウで(74KB; MS-Wordファイル)」、宅地建物取引士証も提出してください。

   なお、、郵送で送付される場合は、宛名を記載し、392円分の切手を貼った返信用封筒も同封してください。(宅地建物取引士証は公的な身分証明書となる大事なものなので、簡易書留で郵送します。そのため、返信用封筒には392円分の切手を貼ってください。)

 

申請時に添付する書類(変更登録申請書)

  • 住所の変更については、住民票の抄本(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)に規定する個人番号の記載のないものに限ります)又は戸籍の附票等(いずれも発行日から3か月以内のもの)
  • 氏名・本籍の変更については、戸籍抄本(発行日から3か月以内のもの)
  • 以前従事した業者から、新たに従事する業者への変更については、 

     1)以前従事した業者の退社証明書

         (会社の署名・押印されたもの。任意の様式で可。)

     2)   新たに従事する業者の入社証明書

         (会社の署名・押印されたもの。任意の様式で可。)

  • 以前従事した業者を退社し、そのままどの業者にも従事しない場合

     上記1)のみ

  • どこの業者にも従事していなかったが、新たに従事する業者に入社する場合

     上記2)のみ

  • 社内異動により、宅建業の部署から、他の部署に異動になった場合

     異動証明書

 (会社の署名・押印されたもの。任意の様式で可。)

  • 社内異動により、宅建業以外の部署から、宅建業の部署に異動になった場合

     異動証明書

 (会社の署名・押印されたもの。任意の様式で可。)

 

添付ファイル

関連リンク

(全国の「地方公共団体コード」が掲載されています。この上5桁を、市町村コードとして記載してください。)


申請時に添付する書類(書換え交付申請書の場合)

  • 氏名を変更する場合、顔写真2枚が必要です(うち1枚は書換え交付申請書に貼付。2枚とも、縦3cm×横2.4cm。交付申請前6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のもの。裏面に氏名及び撮影年月日を記入のこと。)。

 (注) 住所のみの変更の場合は、顔写真2枚は不要です。


添付ファイル

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:25532)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.