佐賀県総合トップへ

建設業の許可業種に解体工事業が新設されます

 

 平成28年6月1日から、現行の建設業法では「とび・土工工事業」に含まれている「工作物の解体」が独立し、許可に係る業種区分に「解体工事業」が追加され、解体工事業を営む者については、解体工事業の許可が必要となります。

 ただし、施行の際に、既にとび・土工工事業の許可で解体工事業を営んでいる建設業者については経過措置が設けられ、施行日から3年間は、引き続きとび・土工工事業の許可を有している限り、解体工事業の許可を受けなくても引き続き解体工事業を営むことができるとされています。 

 

 「解体工事業」の技術者資格等については、国土交通省が設置した「解体工事の適正な施工確保に関する検討会」で検討され、これまでの検討結果が最終取りまとめとして公表されています。

 

詳細については、以下のURLから国土交通省ホームページを御確認ください。

 

(国土交通省ホームページ) 

・新たな解体工事の技術者資格について 

 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000355.html

 

・品確法・建設業法・入契法等の改正について

  http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000089.html

 

  

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:24589)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.