佐賀県総合トップへ

(1)中山間地域等直接支払制度の目的

最終更新日:
(1)中山間地域等直接支払制度の目的
 

唐津市大浦地区の棚田
  中山間地域等の農地は、毎年耕作・管理されることで、洪水の防止や水源のかん養、美しい緑の景観の提供など、様々な機能(多面的機能)を発揮しています。この多面的機能によって下流域の都市住民を含む多くの国民の生命と財産、豊かな暮らしが守られています。
 しかしながら、中山間地域等では、高齢化が進む中で、平地に比べて傾斜地が多いなど農業生産条件が不利な面があることから、耕作されずに放棄されていく農地が増えつつあります。
 この制度は、中山間地域等で農業を続けることにより農地を保全し、多面的機能を守っていくために、平成12年度に導入された制度です。平成27年度からは第4期対策(H27~H31)が始まり、高齢化や小規模な集落でも取り組みやすい要件が追加されています。

 

 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:24039)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.