佐賀県総合トップへ

佐賀県公共建築物木材利用促進方針を策定しました

 「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(平成22年10月1日施行)」に基づき、公共建築物における木材利用の促進の基本的方向や、県が整備する公共建築物における木材利用の目標等を定めた「佐賀県公共建築物木材利用促進方針」を策定しました。

 詳細は添付ファイルをご覧ください。

 

方針の概要

基本的方向

・公共建築物については、可能な限り木造化又は内装木質化を図り、木材利用を促進する。

木材利用を促進すべき公共建築物

・国又は地方公共団体が整備する建築物

・民間の事業者等が整備する公共性が高い下記の建築物

  学校、社会福祉施設(老人ホーム、保育所、福祉ホーム等)、病院・診療所、運動施設(体育館、水泳場等)、社会教育施設(図書館、青年の家等)、公共交通機関の旅客施設、高速道路の休憩所

県が整備する公共建築物における木材利用の目標

・低層の公共建築物(1~2階建て)は、原則としてすべて木造化。

・高層、低層にかかわらず、積極的に内装木質化。

 

木材の適切な供給の確保

・林業従事者や木材製造業者等が連携して、林業の生産性の向上やニーズに応じた木材の適切な供給のための木材の製造、木材の需給に関する情報の共有等に取り組む。

 

木材利用の促進のための体制

・「佐賀県県産木材利用推進庁内連絡会議」において、関係部局間の連絡調整、目標の検証、施策の検討等を行う。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19733)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.