佐賀県総合トップへ

認知症サポーターになりませんか

最終更新日:

   認知症は誰にでも起こりうる脳の病気です。自分や家族、友人、近所の人など、誰でも認知症になる可能性があります。

 たとえ認知症になっても、周囲の理解や気遣い、適切な医療と介護の連携などがあれば、住み慣れた家や地域での生活が可能です。

 佐賀県では、県民一人ひとりが認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指しています。

 

 【内容】 

 認知症高齢者の状況

 

 認知症とは・・・

 

 認知症サポーターとは・・・

 

  認知症サポーターになるには・・・ 

 

  認知症キャラバン・メイト養成研修について

      

   キャラバン・メイトフォローアップ研修について 

       

 認知症高齢者の状況

  厚生労働省研究班の調査によると、65歳以上の高齢者の15%が認知症で、全国の認知症有病者数は約462万人(平成24年)にのぼると推計されています。また、佐賀県内の介護保険制度を利用している認知症高齢者(日常生活自立度2以上)は、約3万7千人(平成28年)と推計されており、今後も増加することが予測されています。(佐賀県の認知症高齢者数は、要支援・要介護認定者数を基にした認知症高齢者自立度2以上の方の数の推計値です。)

 

  

認知症とは・・・  

 認知症は、誰にでも起こりうる脳の病気です。いろいろな原因で脳の働きが悪くなると、記憶力や理解力、判断力が低下して、生活に支障が出てきます。その状態が6ヶ月以上続く場合を認知症といいます。

 

 認知症の症状には”新しいことを記憶できない” ”時間や場所がわからない” ”手順を踏んだ作業ができなくなる””いつもと違うできごとに混乱する”などいろいろなものがあります。

 

 たとえ認知症になっても、「何もできない」「何もわからない」わけではありません。認知症かもしれないと悲しんでいるのはご本人です。周囲の人が認知症について理解し、認知症の人のできない部分を補う「杖」となってください。温かい目で見守り、ほんの少し手助けしていただくことで、認知症の人や家族の安心やおだやかな暮らしを支えることにつながります。

 

 

 認知症サポーターとは・・・

 認知症サポーターは、なにか特別なことをする人ではありません。

 認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守る応援者です。

 認知症を自分自身にとって身近な問題と認識し、認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることも、サポーターの大切な役割です。

 

 県や県内の各市町では、「認知症サポーター」を養成する取り組みを行っています。

 佐賀県内の認知症サポーター数は、平成29年3月31日現在、73,752人となりました。総人口に占める割合は8.754%で、全国第10位となっています。

   

     

認知症サポーターになるには・・・ 

 各市町で行っている「認知症サポーター養成講座」を受講していただくと、「認知症サポーター」になることができます。

 受講者には修了証の代わりに”認知症の人を応援します”という意思を示す目印のオレンジリングが渡されます。

  認知症サポーター養成講座では、認知症の基礎知識だけでなく、認知症の人の気持ちを理解した接し方など、認知症の人を見守り支えるうえで役立つことをお伝えしています。

   講座の所要時間は60分~90分程度です。受講された方を市町に登録するというものではありませんので、気軽に受講することができます。

 

 (講座の内容の例)

 1 認知症とは何か?

 2 診断・治療・予防について

 3 認知症の人やご家族への対応について 

 4 相談窓口について

 5 サポーターとしての心がまえ 

    

 「認知症サポーター養成講座」についてのお問合せは、住まいの市町へ

    窓口はこちらへ 新しいウィンドウで(42KB; PDFファイル)

 

                     オレンジリング

オレンジリング     

 

 

なぜ、「オレンジリング」なの?

 

 「柿色」をしたオレンジリングは、認知症サポーターの目印です。江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が夕日に映える柿の実の色からインスピレーションを得て作り出した赤絵磁器は、ヨーロッパにも輸出され世界的な名声を誇ります。この赤絵磁器と同じように、オレンジリングが、世界のいたるところで「認知症サポーター」の証として認められればとの思いからつくられました。

 なお、温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味を持つと言われています。

 

   

 認知症キャラバン・メイト養成研修について

 認知症になっても安心して暮らせるまちづくりのため、あなたも認知症キャラバン・メイトとして活動してみなせんか!

 県では、認知症サポーター養成講座の講師役である認知症キャラバン・メイトの養成研修を毎年度開催しております。

 研修の対象は、研修受講後に認知症キャラバン・メイトとして年間3回以上、ボランティアの立場で認知症サポーター養成講座を実施できる方となります。

 

(参考)平成29年度 認知症キャラバン・メイト養成研修について

 ※平成29年度の研修については、申込数が定員を超えたため、募集を締め切りました。

 1 日時    平成29年8月30日(水曜日) 9時30分~16時30分

 2 会場    佐賀県庁 新館 11階 大会議室

 3 対象者   認知症に関する基本的な知識や介護経験等がある者

          (介護従事者、行政職員、医療従事者等)

 4 定員    60名(予定)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

キャラバン・メイトフォローアップ研修について

 この研修は、認知症サポーター養成講座の運営に関する知識やキャラバン・メイトとしての役割を再度学習し、効果的な講座運営ができることを目的とするスキルアップのための研修です。

 平成27年度のキャラバンメイト・フォローアップ研修は終了しました。

  

 (参考)平成27年度のキャラバンメイト・フォローアップ研修について                                                        

 1 日時:平成27年8月10日(月曜日) 13時30分~16時00分

 2 会場:佐賀県庁本館4階正庁

 3 対象者:キャラバン・メイト養成研修修了者

                (平成26年度までに受講された方)

 4 受講者数:51名

  

  キャラバン・メイトフォローアップ研修実施要領 新しいウィンドウで(67KB; PDFファイル)

   

   

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1459)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.