佐賀県総合トップへ

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管及び処分状況等届出書を提出してください

 

ページ内リンク

 

お知らせ

 期限内での確実な処理をお願いします。

 佐賀県内にある高濃度PCB廃棄物は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(旧社名:日本環境安全事業株式会社)(以下、「JESCO」という。)北九州事業所で処理しなくてはいけません。

 JESCO北九州事業所は、北九州市との協定により、トランス・コンデンサ等は平成31年3月31日まで、安定器等・汚染物は平成34年3月31日までを処理期限としています。

 PCB廃棄物は処理施設への搬入の手続から、搬入、処理完了まで時間を要すため、早めの手続をお願いします。 

 

  

 平成27年3月、佐賀県ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物処理計画を変更しました。

  国の基本計画の見直し内容に準じ、処理期間の延長、広域処理体制の見直し(中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州事業所の所管区域の拡大)、処理促進のための県の取組等の見直しを行いました。

  



PCB廃棄物の概要

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、無色透明で化学的に安定で、燃えにくく電気絶縁性に優れている等の特性により、電気製品の絶縁油としてトランスやコンデンサ、蛍光灯安定器等に広く用いられていました。

 しかし、昭和43年に起こったカネミ油症事件をきっかけに、発癌性・皮膚障害・内臓障害・ホルモン異常といった毒性が社会問題となり、昭和48年に製造・輸入・使用が原則禁止となりました。

 また、PCBの使用が完全に中止された昭和50年以降の電気機器にも、微量(数mg/kg~数十mg/kg)のPCBの含有されたものがあると判明しているので注意が必要です。

   

 PCB廃棄物の処理は、なかなか処理施設の整備が進まず、長期にわたり処分されてこなかったことから、処理のために必要な体制を速やかに整備し、確実かつ適正な処理を推進するため、『ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法』が平成13年7月15日に施行されています。

 

 法の施行により、PCB廃棄物の保管事業者には、PCB廃棄物の保管状況等について毎年度、県に届出するとともに、適正な保管と平成39年3月31日までの処分が義務づけられています

※高濃度PCB廃棄物を処理するJESCO北九州事業所は、トランス・コンデンサ等は平成31年3月31日まで、安定器等・汚染物は平成34年3月31日までを処理期限としています。

 各事業所の皆様におかれましては、改めて事業所内のPCB廃棄物の有無をご確認いただくようにお願いします。

届出の方法と様式一覧

PCB廃棄物の保管及び処分の状況について、毎年度、届出が必要です。(特別措置法第8条)

  1. 届出内容:前年度の保管及び処分の状況
  2. 届出期限:毎年6月30日まで
  3. 届出先:佐賀県 県民環境部 循環型社会推進課
  4. 届出方法:直接の持ち込み、郵送、FAXで受け付けます。その他の方法はご相談ください。
  5. 提出部数:1部(受付印を押した控えが必要な場合は正副2部ご提出ください。)
  6. 提出書類:
        • 保管及び処分状況届出書(様式第1号)
        • PCB廃棄物の写真(新たなPCB廃棄物が発生した場合。)
        • マニフェストのE票のコピー(PCB廃棄物を処分した場合。)  

※平成26年2月、様式が改正されました。新様式はPCB廃棄物ごとに高濃度か低濃度か記載する必要があるのでご注意ください


保管及び処分状況届出書(様式第1号) 

その他参考資料


PCB廃棄物を保管する事業場を変更したときは届出が必要です。(特別措置法施行規則第6条)

  1. 届出内容:PCB廃棄物を保管している事業場の変更
  2. 届出期限:変更のあった日から10日以内
  3. 届出先:佐賀県 県民環境部 循環型社会推進課 
  4. 届出方法:直接の持ち込み、郵送、FAXで受け付けます。その他の方法はご相談ください。
  5. 提出部数:1部(受付印を押した控えが必要な場合は正副2部ご提出ください。
  6. 提出書類
          • 保管事業場の変更届書(様式第2号) 
          • 移動をしたPCB廃棄物の写真

 

保管事業場の変更届書(様式第2号) 

 

事業者について相続、合併等があったときは届出が必要です。(特別措置法第12条)

  1. 届出内容:保管事業者についての相続、合併等
  2. 届出期限:変更のあった日から30日以内
  3. 届出先:佐賀県 県民環境部 循環型社会推進課 
  4. 届出方法:直接の持ち込み、郵送、FAXで受け付けます。その他の方法はご相談ください。
  5. 提出部数:1部(受付印を押した控えが必要な場合は正副2部ご提出ください。
  6. 提出書類:承継届出書(様式第3号)  

  承継届出書(様式第3号)

  

届出・お問い合わせ先

住所: 〒840-8570佐賀県佐賀市城内1丁目1-59 

名称:佐賀県 県民環境部 循環型社会推進課

電話番号:0952-25-7108

FAX番号:0952-25-7109 

 

注意事項

  1. PCB廃棄物の譲り渡し、譲り受けは原則として禁止されています。 これに違反すると3年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、又はこの両方が科せられる可能性があります。
  2. 様式第1号の届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

 PCB廃棄物の種類と見分け方

PCB廃棄物の種類 

 PCBは主にコンデンサ(蓄電器)、トランス(変圧器)、蛍光灯安定器、PCB油等の絶縁油に含有されています。

  

 高圧トランス 高圧コンデンサ 安定器

  (PCB廃棄物の例)左から高圧トランス、高圧コンデンサ、安定器 

 


PCB廃棄物は、濃度で以下の4種類に分類されます。

   

種類

絶縁油中のPCBの濃度

処分方法

説明

高濃度PCB廃棄物

 

500,000mg/kg以上

50%以上)

JESCO北九州事業所で処分※1

意図的にPCBを使用した機器、油又は汚染物。

5000mg/kg

500,000mg/kg 未満

0.5%~50%未満)

JESCO北九州事業所で処分※1

(現在、登録のみ可能。搬入期間は未定)

低濃度PCB廃棄物

0.5mg/kg5000mg/kg

0.00005%~0.5%未満)

 

廃棄物処理法に基づく無害化処理認定施設等で処分※2

 

 

意図的にPCBを使用した機器、油又は汚染物。

微量PCB廃棄物(届出書では低濃度に分類)

 0.5mg/kg以上

 

0.00005%以上

意図せずPCBが混入した機器、油又は汚染物。

PCB非含有廃棄物

0.5mg/kg未満

0.00005%未満)

性状に応じて産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物として処分

濃度が一定量未満だとPCB廃棄物としては取り扱わない。  

   ※1、JESCOでは低濃度PCB及び微量PCBは受け入れしませんので事前の分別をお願いします。 

※2、現在、認定施設は全国にありますが、施設ごとに処理できるPCB廃棄物が異なりますので、詳細は環境省ホームページでご確認ください。(クリックすると環境省ホームページが開きます。)

          

 PCB廃棄物の見分け方

(1)PCB廃棄物の銘板・表示ラベルなどを確認して、製造メーカーに確認をしてください。

※1 製造時にPCBを使用していない機器でも、意図せず微量なPCBが混入している可能性があります。 

※2 使用中の電気設備については、接触等により感電の恐れがあり非常に危険ですので、調査のために近づかないでください。確認に当たっては電気設備を管理している電気主任技術者に必ずご相談ください。

高圧コンデンサの銘板 

 (参考画像)高圧コンデンサの銘板。

 ※製造メーカー名が入っていた部分のみボカシを入れています。 

 

(2) 銘板が無いためメーカーが確認できない・微量PCB廃棄物の可能性があるなどの場合は、検査機関に調査を依頼するなどしてPCBの濃度を確認してください。

 

(参考資料) 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:14070)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.