佐賀県総合トップへ

東与賀の干潟を望むシチメンソウ群生地

最終更新日:

 

第2009-1号 東与賀の干潟を望むシチメンソウ群生地 【佐賀市東与賀町】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 有明海沿岸に自生する希少種のシチメンソウは、昭和62年5月、昭和天皇が第38回全国植樹祭の行幸の際、有明海干潟も視察され、その時にシチメンソウやヒロハマナツ等の塩生植物をご覧になられたことで、一躍脚光を浴びるようになった。
 そのことをきっかけとして、当時、葦の中に隠れるようにひっそりと自生していたシチメンソウを地域の財産として保護していこうと、地元の有志12名で「シチメンソウを育てる会」が発足した。「会」では、他の地域住民の協力も得ながら種取り・種まきや周辺の環境美化活動を精力的に続け、今では30名の会員の努力の成果として、晩秋の有明海の干潟を真っ赤に染め上げるシチメンソウの群生地が見られるようになった。  
 

 

地区の特徴

 

 シチメンソウは、生長の過程で色の変化がみられ、秋には全体が鮮やかな紅紫色となり、美しい景観をかもしだす。11月上旬を中心としたシチメンソウが赤く色づくシーズンには、シチメンソウまつりのイベントが行われ、多くの観光客が訪れている。
 シチメンソウヤードの南には、広大な干潟・有明海が広がり、その先に雲仙普賢岳を見ることができ、又、北には豊かな佐賀平野、さらにその先に天山・脊振の山々を見渡すことができるなど、地区内の景観だけでなく、周辺の景観を楽しむ眺望拠点として貴重である。
 

 

保存や活用の取組

 

  「シチメンソウを育てる会」を中心に、月1回の清掃活動やシチメンソウの生態に応じた管理作業など、シチメンソウの保護育成を行っている。

 

写真:シチメンソウ1

 写真:シチメンソウ2  写真:シチメンソウ3

 

 

アクセス

 

より大きな地図で 佐賀県遺産 を表示
このページに関する
お問い合わせは
(ID:13315)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.