佐賀県総合トップへ

天山酒造

 

第2005-10号 天山酒造 【小城市小城岩蔵】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 天山酒造は、天山山系に源を発する祇園川の名水を利用して、文久元年(1861)頃から水車で精米・製粉及び製麺業を始め、その後、明治8年(1875)に酒造業を創業、現在もこの地で酒造りを営んでいる。素麺業は江戸期から昭和初期にかけて、小城を代表する産業の一つであり、祇園川や晴気川沿いには、粉引き水車が多く見られた。蔵を建設した七田秀一は、建築に造詣が深く、酒蔵はもちろん住宅や岩松小学校、岩蔵寺の庫裏を建築寄贈している。

 

建物の特徴

 

 明治蔵及び大正蔵は、桁行8間、梁間3間、三重梁構造の明治蔵の北及び東に大正蔵がU字状に増築され、全体として桁行30間、梁間12間の大規模酒蔵となる。天山山系を背景とした大きな白壁漆喰の酒蔵群は特徴ある景観を見せる。他に、旧精米所に取水する用水路や、鉄製の立軸型水車が残り、水車精米時代の遺構となっている。

 

保存や活用の取組

 

 現在も酒蔵として使用されており、昭和蔵の一角では、「小城人づくり塾」などの団体により、ホタルの里コンサートなどに活用されている。 天山酒造では、人・米・酒プロジェクトを企画するなど、地区内外の住民との交流が盛んに行われている。

 

写真:天山酒造1 新しいウィンドウで

 写真:天山酒造2 新しいウィンドウで  写真:天山酒造3 新しいウィンドウで

 

写真をクリックすると大きい写真が新しいウィンドウで開きます。

 

アクセス

 


より大きな地図で 佐賀県遺産 を表示

 

リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:13298)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.