佐賀県総合トップへ

江里山の棚田

最終更新日:

 

第2008-2号 江里山の棚田 【小城市小城町岩蔵】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 江里山地区は天山山系南側の中腹標高250mに位置し、天文年間(1532~1554)の始め頃、村が形成されたと伝えられている。地区内の棚田は、約600枚を数え、四季折々に変わりゆく棚田の景色は、年間を通じていろいろな表情を見せている。特に、秋に赤い彼岸花がいっせいに咲く様は見事で、この地区の大きな魅力となっている。棚田に黄色く実る稲穂と法面や畦畔に咲きほこる彼岸花、集落が一体となった景観は、「全国農村景観百選」、「日本の棚田百選」にも選ばれ、日本農村風景の代表的なひとつとなっている。

 

保存や活用の取組

 

 集落では、彼岸花をより一層きれいに咲かせるため、地区住民による畦畔の一斉草刈りや、ボランティアによる球根植え等を行い、地区が一丸となって一大イベントの「彼岸花まつり」を開催している。

 

写真:江里山の棚田 1 新しいウィンドウで

 写真:江里山の棚田 2 新しいウィンドウで  写真:江里山の棚田 3 新しいウィンドウで

 

写真をクリックすると大きい写真が新しいウィンドウで開きます。

 

アクセス

 


より大きな地図で 佐賀県遺産 を表示

このページに関する
お問い合わせは
(ID:13297)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.