佐賀県総合トップへ

佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行

 

第2010-4号 佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行 【佐賀市柳町】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 旧古賀銀行は両替商・古賀善平が明治18年現在地斜め向かいに設立した銀行で、明治22年に古賀銀行内に佐賀第七十二国立銀行を設立、明治31年に両銀行が合併し、株式会社佐賀銀行と改称し、明治39年に現在地東寄りに本店が新築された。大正2年に増資を行って再び古賀銀行と改称し、本店の大増築を果たして九州の五大銀行の一つに数えられるまでに発展したが、炭鉱経営の不振により、大正15年に休業に追い込まれ昭和8年に解散した。
 その後、佐賀商業会議所や佐賀県労働会館として利用されてきた。

 

建物の特徴

 

 旧古賀銀行の建築は創建後に数度にわたってその用途が変わり、その建築自身の中に改造の歴史を残している。石造りの帯を巡らした煉瓦タイル張りという形式で建物の表面を飾っており、新しい都市機能の一端を担う銀行建築として、近代建築が地方へと浸透していく過程を知る上で貴重な歴史遺産である。

 

保存や活用の取組

 

 施設内の一部スペースを喫茶店浪漫座が使用している。また、館内ホールでは不定期でコンサート等が開催されている。柳町地区で例年2月から3月に開催されている「佐賀城下ひなまつり」では、「佐賀城下ひなまつり実行委員会」によりひな人形などが展示され、ひなまつりの賑わいの一端を担っている。

 
写真:佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行1 写真:佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行2  写真:佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行3 

 

 

アクセス

 

より大きな地図で 佐賀県遺産 を表示
このページに関する
お問い合わせは
(ID:13257)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.