佐賀県総合トップへ

佐賀市歴史民俗館 旧福田家

 

第2010-3号 佐賀市歴史民俗館 旧福田家 【佐賀市松原4丁目】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 明治末期から大正・昭和期にかけて、佐賀セメント、佐賀軌道会社の設立や数多くの企業を経営した佐賀を代表する事業家として活躍した福田慶四郎の居宅であった建物である。大正15年に実施された陸軍大演習の際、視察に訪れた閑院宮の宿所となったと伝えられている。

 

建物の特徴

 

  明治後期から大正期にかけて建設された上流の和風住宅は、江戸期に完成した伝統的建築技術の粋を集めて建設されたもので、一般に和風建築の技術と芸術が頂点を極めた時期の建設とみなされ、ことに完成度の高い多様な接客空間の存在において特徴づけられる。
 福田家はこうした特徴をすべて備え、建築と外溝からなる屋敷地の構成に変わりはなく、門、塀、庭園、前庭なども当初の姿を概ね伝え、住宅の建築構成も一部を除けば、建具なども含めて改造はきわめて少なく、とくに便所、洗面所、浴室なども当初の姿を良くとどめており、設備、調度品も含めて全体の保存状態はきわめて良好である。
 建物は南側に配した庭園に望み、敷地中央に建つ主屋、敷地北端に北面して建つ門、敷地西側北よりに建つ茶室、主屋の南側東寄りに建つ土蔵、敷地の東端中程に建つ土蔵、周囲を取り巻く塀から構成される。主屋は棟礼によれば1917年起工、1918年竣工となっている。

 

保存や活用の取組

 

 施設内においては、佐賀錦振興協議会が、講習会、イベント等を実施している。また、各種市民団体により不定期で展示会等のイベントが実施されている。柳町地区で例年2月から3月に開催されている「佐賀城下ひなまつり」では、「佐賀城下ひなまつり実行委員会」により伝統工芸「手織り佐賀錦」をまとったおひなさまの展示などを行い、ひなまつりの賑わいの一端を担っている。

 

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家1

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家2

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家3

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家4

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家5

写真:佐賀市歴史民俗館 旧福田家6

 

 

 

アクセス

 

より大きな地図で 佐賀県遺産 を表示
このページに関する
お問い合わせは
(ID:13248)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.