佐賀県総合トップへ

玄海原子力発電所の概要

最終更新日:

  玄海原子力発電所は、東松浦郡玄海町今村に立地しており、日本で9番目(1号機は日本で9基目)、九州では初めての原子力発電所として昭和50年10月に営業運転を始めました。
 発電所の施設は、東松浦半島から玄界灘に突き出した値賀崎の約87万平方メートルの敷地に配置されており、原子炉格納容器、原子炉補助建屋、タービン建屋等の設備が堅固な岩盤上に配置されています。
 現在、3号機と4号機の計2基が営業運転を行っています。当発電所の電気出力は各118万キロワット、合計236万キロワットであり、九州では最大の原子力発電所となっています。 
 これらの原子炉の種類(型式)は、いずれも加圧水型軽水炉(PWR)と呼ばれるもので、原子炉を通ってきた高温高圧水を蒸気発生器に送り、そこで別系統を流れている水を蒸気に変えてタービンに送る方式です。
 

玄海原子力発電所

玄海原子力発電所の運転状況(令和元年6月1日現在)

  電気出力 営業運転開始 運転状況 備考
玄海1号機 55万9千キロワット 昭和50年(1975年)10月 運転終了

平成27年(2015年)4月27日

運転終了

玄海2号機 55万9千キロワット 昭和56年(1981年)3月 運転終了

平成31年(2019年)4月9日

運転終了

玄海3号機 118万キロワット 平成6年(1994年)3月 定期検査中 令和元年(2019年)5月13日から
第14回定期検査中
玄海4号機 118万キロワット 平成9年(1997年)7月 通常運転中

参考リンク:九州電力 運転状況のお知らせ<九州電力ホームページ>

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10604)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.