佐賀県総合トップへ

生活保護法に基づく指定医療機関制度のご案内

  生活保護を受けている方に対して、医療機関が医療を提供する場合又は施術機関が施術を提供する場合は、あらかじめ生活保護法による指定を受ける必要がありますので、指定を希望される医療機関又は施術機関におかれては、以下の手続をお願いします。

指定の手続

 

  申請書及び誓約書に必要事項を記入のうえ、佐賀県地域福祉課又はお近くの福祉事務所へ提出してください。地域福祉課で提出書類の審査を行い、問題がなければ指定を行います。

 

  ※申請書類は県のホームページ(クリックすると申請書が掲載されているページに移動します)からダウンロードできます。 新しいウィンドウで

 

指定を受けた医療機関の皆様へ 

   更新の手続が必要です

 

  生活保護法の一部を改正する法律(平成25年法律第104号。以下、「改正法」とします。)が平成26年7月1日に施行されたことに伴い、生活保護法による指定を受けた「病院」「診療所」「薬局」「訪問看護ステーション」については、所定の期間内に更新手続を行わない場合、指定の効力が失われることとなりました。 (施術機関や助産機関については更新の必要はありません)

  指定を受けた「病院」「診療所」「薬局」「訪問看護ステーション」におかれては、県から送付された指定通知書に記載された期日が経過する前に、更新手続(申請書及び誓約書の提出)を行ってください。

 ・指定医療機関の指定更新制度の概要 新しいウィンドウで(338KB:PDFファイル)

 

後発医薬品の使用促進に御協力ください

  

  改正法により、生活保護法第34条第3項に、医師が医学的見地に基づき後発医薬品を使用することができると認めた場合、生活保護を受けている方に対しては可能な限り後発医薬品の使用を促すよう努めることが明文化されました。

  生活保護における後発医薬品の使用促進への取組は、国全体で取り組んでいる後発医薬品の普及の一環として実施されるものですので、御協力をお願いします。

  また、指定を受けた薬局におかれては、生活保護を受けている方に先発医薬品を処方された場合、その理由を以下の様式に記録のうえ、当該者に対する生活保護を実施している福祉事務所へ情報提供していただくようお願います。ただし、調剤報酬明細書の摘要欄にこの理由を記載された場合は提出していただく必要はありません。

  ・記録様式 新しいウィンドウで(23KB:Exeleファイル) 

  ・「生活保護法の医療扶助における後発医薬品の取扱いについて」 新しいウィンドウで(163KB:PDFファイル)

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10209)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.