佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

請第2号請願(平成31年2月定例会)

最終更新日:

 

議案等の審議結果

 

平成31年2月定例県議会 

請願と採決状況

請第2号
 
不採択
 

全学年で35人以下学級の実現、教育の無償化、教育条件の改善を!

2018年度 ゆきとどいた教育を求める請願
 
請願趣旨
 

【請願趣旨】 

 子どもが豊かな学校生活を過ごし、健やかに成長することを、多くの保護者は心から願っている。すべての子どもが生まれ育つ環境に左右されること無く、等しく、豊かな学びを享受する「教育を受ける権利」が保障される社会を目指さなければならないと考えている。

 国の制度で、小学校1年生で35人以下学級が実施されているが、佐賀県は小学3年生以上と中学2年生以上に学年が上がると40人学級に戻り、「学年による教育条件の差」が生まれている。少人数学級を実施することで教室内の広さにも教材や荷物を十分に置くスペースが生まれ、子ども達は落ち着いた豊かな教育を受けることが期待される。少人数学級を全ての学年で実施することは、教育条件を整えることであり、全ての地域で等しく達成して格差を解消していくことを求める。

 また、特別支援学級・特別支援学校では在籍の児童生徒が毎年増加しており、学校・学級規模を適正化するために学級人数を現在の8人から5人以下とすることを求める。

 これらの教育条件の前提として、必要な教職員を十分に確保し、快適かつ安全な学習環境の整備を進めてほしい。そして、教育無償化を進め、保護者負担を軽減していくことで、お金の心配なく学び、進学できる条件を作ることが期待されている。

 県は、国に対して教育予算を増やすよう強く要求するとともに、県予算においても教育費を増やし、すべての子どもたちにゆきとどいた教育を進めるための教育条件整備に力を尽くしてほしい。

 これらの趣旨から、以下のことを請願する。

 

【請願項目】

1.小・中・高校のすべての学年で35人以下学級を実現すること

2.特別支援学校・学級で5人以下学級を実現すること

3.教職員を増やすこと

4.誰もが快適で安全に過ごせる学習環境の充実をはかること

5.県独自で保護者の教育費負担軽減策を進めること

 

 

平成31年2月25日

 

   佐賀県議会議長 石倉 秀郷 様

 

   請願者 佐賀市高木瀬町大字東高木227-1教育会館4階

               ゆきとどいた教育をすすめる佐賀県連絡会 世話人代表 和多田 陽子(署名人数:2,014人)

  

   紹介議員   武藤明美、井上祐輔

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67398)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.