佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

請第1号請願(平成31年2月定例会)

最終更新日:

 

議案等の審議結果

 

平成31年2月定例県議会 

請願と採決状況

請第1号
 
採択
 
私学助成の大幅増額・教育費の保護者負担の軽減・教育条件の改善を求める請願書
 
請願趣旨
 

【請願趣旨】 

 私立学校は、佐賀県の教育の重要な一翼を担っている。しかしながら、教育条件において私立学校と公立学校との間に大きな格差が生じているのが現状である。

 佐賀県の私学助成予算は、県当局や私学関係者の努力で生徒1人当たりの単価が年々増額されてきた。しかし、いまだ公私間格差は大きく、十分とは言えない。

 また、2010年度に公立高校授業料が無償化され、同時に私立高校への就学支援金の支給がスタートした。2014年度から所得制限が設けられ、また、施設整備費の負担は変わらず、公私の格差感は広がっている。

 教育格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を保障していくためには、授業料助成の拡充による保護者の経済的負担の軽減と経常費助成の増額による教育条件の改善及び教育施設の充実が必要である。

 以上の趣旨から、下記の各項目を速やかに実現することを請願する。

 

【請願項目】

1.すべての子どもの就学を保障するため、授業料減免制度や奨学金制度の基準や保証人の見直し、また今年度から始まった入学金・入学準備金支給制度の拡充をすること

2.国に対して、私立高校への就学支援金を施設整備費の県平均相当額を加えた金額まで拡充するように要請すること

3.ゆきとどいた教育を進めるために教育予算を増額すること

(1) 私学助成を拡充し、「経常費2分の1助成」を速やかに実現すること

(2) 全日制私立学校での特別支援教育の充実のため、特別支援教育アドバイザーの養成、人件費補助など県として配慮を行うこと

 

平成31年2月19日

 

   佐賀県議会議長 石倉 秀郷 様

 

   請願者 佐賀市兵庫北二丁目14番1号

               佐賀清和高等学校教育振興会 会長 佐藤 正面 ほか4人(署名人数:35,959人)

  

   紹介議員   全議員

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67395)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.