防災・減災さがTOP総合トップへ防災・減災さがTOP総合トップへ
佐賀県 防災・減災さが佐賀県 防災・減災さが
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

県内企業との協定に基づき、ドローンを活用した災害対策活動に係る訓練を行います

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 平成29年3月17日

政策部

消防防災課 三角(内線1371)

政策課 円城寺(内線1486)

直通 0952-25-7026

【E-mail】shouboubousai@pref.saga.lg.jp

 

ドローンを活用した災害応急対策活動にかかる訓練を行います

 県では災害応急対策活動を円滑に実施するため、株式会社島内エンジニアリングおよび株式会社富士建と「無人航空機による災害応急対策業務(映像撮影・物資輸送等)に関する協定」を、株式会社ミズと「健康増進!佐賀県とミズとの連携と協力に関する協定」を締結しています。

 この度、これらの協定に基づき、下記のとおり、無人航空機(ドローン)を用いた災害応急対策活動にかかる訓練を執り行うこととしました。

 東日本大震災から6年、熊本地震から1年が経とうとしていますが、県としては災害発生時にいち早く、そしてよりよい活動が実施できるように平時から関係者との連携を図っていきます。

 

 

1 日 時  平成29年3月24日(金曜日)10時00分~12時00分

       ※荒天が予想される場合は、3月23日10時00分~に変更します。

       (22日12時に最終態度決定)

 

2 場 所  佐賀県鹿島市大字山浦 中木庭ダム

 

3 協 力  (訓練全般)杵藤地区広域市町村圏組合消防本部

       (ドローン提供)株式会社島内エンジニア、株式会社富士建

       (医薬品等提供)株式会社ミズ

       (監修、記録)一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム協議会(略称:EDAC)

 

4 訓練内容

  中木庭ダム付近で災害が発生。土砂崩れ等に住宅が被災し、周辺の生活道路等が寸断されたという想定で県が締結した災害時応援協定等を活用してド

 ローンや提供医薬品等を使った次の3つの実施検証訓練をおこなう。

  (1)ドローンによる被災家屋の条項把握とライブ配信

  (2)ドローンによる被災家屋付近への支援物資(医薬品等)搬送

  (3)ドローンによる対岸へのリードロープ搬送

 

5 詳細図

 (1)無人航空機に関する協定

 「無人航空機による災害応急対策業務(映像撮影・物資輸送等)に関する協定」(平成24年7月30日締結)

 佐賀県、株式会社エンジニア(佐賀市)、株式会社富士建(佐賀市)

 

 (2)医薬品等の調達に関する協定

 「健康増進!佐賀県とミズとの連携と協力に関する協定書」(平成24年7月30日締結)及び同協定に基づく「災害時における物資の調達に関する覚書」(平成25年8月12日締結)

 佐賀県、株式会社ミズ(佐賀市)

 

※なお、一般社団法人EDACは県職員が共同創設者・CEOをつとめています。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:54074)
佐賀県  政策部  危機管理・報道局  消防防災課
〒840-8570   佐賀市城内1丁目1-59   TEL:0952-25-7026  FAX:0952-25-7262
E-mail:shouboubousai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県 政策部 危機管理・報道局 消防防災課

〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-24-2111(代表)
FAX:0952-25-0753
E-mail : shouboubousai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.