九州佐賀国際空港TOP総合トップへ九州佐賀国際空港TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀空港佐賀県 佐賀空港(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

台湾現地旅行レポート:3日目 前編

最終更新日:
 

九州佐賀国際空港からタイガーエア台湾で行く台湾記(3日目) 前編

この度2018年7月29日よりタイガーエア台湾が佐賀からもご利用いただけるようになりました。ますます身近になった台湾。みなさまに台湾の魅力をお伝えするべく記念すべき第1便に搭乗し、むっぴーと共に台湾4日間の旅の模様をお伝えします。

台湾記 3日目の前編です。

 

「故宮博物院」♦ 国立故宮博物院別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 まずは、アクセスのご案内です。故宮博物院へは、バス、タクシーの利用が便利です。

バスで国立故旧博物院へアクセスする場合は、国立故宮博物院の最寄MRT(地下鉄)駅に向かい、近くのバス停から国立故宮博物院行きのバスに乗車します。国立故宮博物院行きに便利なMRT駅が2箇所あります。大直駅:博物院まで約3.1km、士林駅:博物院まで約3.2km。

 今回は、MRT士林駅からバスで移動します。MRT士林駅下車後、1番出口から真っ直ぐMRTの高架下を歩き、最初の交差点で右側に曲がります。そこが故宮博物院行きのバス停です。案内板もあります。故宮博物院行きのバスの番号は決まって

いるので、バスの前に「~行き」という表記と合わせて、この表記の前に数字があるのでこちらも必ず確認しましょう。

 故宮博物院  故宮博物院  

 1965年に落成した故宮博物院は北京にある紫禁城を参考にして建てられました。中華歴代の至宝を収蔵する、世界四大博物館の一つ。ルーヴル美術館や大英博物館と並び称される、世界有数の文化の殿堂。宋、元、明、清時代の宮廷における極めて豊かな至宝、約65万4,500点が収蔵されていて、常設展示は約2万点にも及びます。

「玉器、彫刻、青銅器、陶磁器」など至宝がたくさん。院内には寄り抜かれた歴代文物が収蔵されており、書画、銅器、磁器、玉細工、漆器、彫刻、図案、文献など、古美術品の所蔵品総点数の総計は約69万点余りです。ここでは、中華文化の至宝をじっくり鑑賞できます。院内には軽食やお茶が楽しめるカフェ、別棟にはレストラン(故宮晶華)が併設されており、「国宝宴セット」が有名で、見た目が故宮の名物に似た料理を楽しめる。特にそっくりに再現された「翠玉白菜」と「肉形石」の料理は必食です。

故宮博物院  故宮博物院  故宮博物院

必見の人気の至宝は、翡翠の原石を用いて作られた「翠玉白菜」。全長約19cmですが、緑の葉先にはキリギリスとイナゴがしがみついていて、子孫繁栄を意味しているそうです。人工の着色はなく、天然の翡翠の材質の持つ色合いの変化を巧みに利用されています。

「肉形石」は、皮となる面には、豚肉の毛穴や粗い肌触りを表現するとともに、脂身や赤身までリアルに再現されていて、まるで豚の角煮そのもののようです。本彫刻は、同じく台北国立故宮博物院所蔵の彫刻である「翠玉白菜」、ならびに北京故宮博物院所蔵の「清明上河図」とともに故宮博物院の三大至宝と言われ、数少ない天然石の収蔵物でもあります。

そして、継ぎ目のない21層の球の不思議「象牙多層球 九層象牙球」。一本の象牙を用いて作られており、継ぎ目がない。精緻な彫刻は息を呑むほどの見事さ。内部は21層で、1つ1つが回転する。長らくその製法は謎とされていたほどの名品。

どのように作られたのか不思議で想像力を掻き立てます。細かい装飾にただただ感嘆のひと時です。故宮博物院の展示は、1〜3階まであり、とても広く全部をじっくり見ると1日かかりそうです。

故宮博物院   故宮博物院      故宮博物院    
 

「至善園」

 故宮博物院の敷地内には至善園という中国庭園があります。博物院観覧の合間や観覧後の休憩にオススメのスポットです。中国の伝統的な造園技術を用いて、宋代の庭園が再現されていて、5687坪の広さの敷地には、さながら水墨画のような景観が広がっています。

蘭亭、曲水流觴、籠鵝、松風閣、碧橋西、洗筆池、招鶴聴鴬などと呼ばれる八つの景勝地から造られ、中国ならではの雅な庭園の美がいたるところにあふれています。

緑が多く、鯉が泳ぎ、美しく手入れされている中国庭園の景観を眺めながら、ゆったりと過ごすことができ、みなさんの憩いの場所となっています。故宮博物院にいらっしゃる予定の方は、ぜひ「至善園」も訪れて優雅なひとときをお過ごしください。故宮入場券半券をお持ちの方は、無料で観覧できます。2階建ての楼閣では1階ではベンチに座って休むことができ、2階のテラスからは庭園全体の景色を眺めることができます。その眺望は、まさに水墨画の世界さながらです。

 至善園     至善園

「羲之書換籠鵝」の像

書道史上最も優れた書家で、「書聖」とも称される王羲之の逸話―ガチョウ好きだった王羲之が、自分の書と引き換えにガチョウを手に入れた―に基づいて造られた像です。写真の一番左から、ガチョウ飼いの道士、王羲之、王羲之の弟子の像です。

至善園

「迪化街」♦ 台北ナビ(迪化街):別ウィンドウで開きます(外部リンク)

迪化街は台北市に現存する最も完全でかつ歴史的意義の有る古い町並みです。

カラスミや茶葉、ドライフルーツなど乾物系の店が立ち並ぶ歴史散策も楽しめる問屋街。台湾名産のカラスミやフカヒレなどの乾物、茶葉、漢方薬など、多岐にわたる乾物屋が所狭しと山積みで販売されている最大の卸、小売市場です。20世紀初頭のレンガ造りのレトロな建物も残り、散策にも楽しいエリアです。

 迪化街  迪化街 迪化街  

     

「永樂市場」

迪化街にある台湾最大規模の布市場。1階は主にフルーツや食品のお店が並んでいます。建物2階にテーブルクロス用からチャイナドレス用まで100軒以上の布地の店が集合。3階の仕立て店オーダーメイドも可能です。

迪化街  迪化街

「霞海城隍廟」♦交通部観光局(台北霞海城隍廟)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

問屋街として有名な迪化街の中心部にある廟の一つ。多くの信者や恋愛成就を願う若者の参拝者で賑わっています。増築などはされたこともなく、百年以上前の様子を今も見ることが出来ます。

廟の中に入ると、階段上に並べられたたくさんの仏像を目にすることができます。正面の壇にまつられているのがじょうこうや城隍爺です。古代「城」という字は都市のことを表し、「隍」という字は都市を守る堀を表しました。よって城隍爺とは都市の堀の中の地区の守護神という意味です。旧暦の5月13日は城隍爺の誕生日で、当日は信者が神を迎える各種の行事を挙行し、城隍爺の庇護に感謝します。これは台北市で最も賑やかな縁日の活動です。

 迪化街  迪化街

 

九州佐賀国際空港からタイガーエア台湾で行く台湾記(3) 後編に続きます。

 

関連リンクサイト

タイガーエア台湾別ウィンドウで開きます(外部リンク)

※タイガーエア台湾の搭乗券で様々な搭乗券特典が受けられます:タイガーエア台湾(搭乗券特典)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

桃園国際空港別ウィンドウで開きます(外部リンク)

桃園空港MRT別ウィンドウで開きます(外部リンク)

台湾鉄路管理局 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

♦台北MRT(地下鉄)乗車方法、運賃、路線図等の案内: 交通部観光局(台北MRT)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

台湾観光局(交通部観光局)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

台湾の気候別ウィンドウで開きます(外部リンク)

台北ナビ(台湾台北の現地旅行情報サイト):別ウィンドウで開きます(外部リンク)

九州佐賀国際空港Facebook別ウィンドウで開きます(外部リンク)

九州佐賀国際空港Twitter別ウィンドウで開きます(外部リンク) 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:64444)
佐賀県  地域交流部  空港課  
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7104  FAX:0952-25-7318   メール:kuukou@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  地域交流部  空港課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7104
FAX:0952-25-7318
メール:kuukou@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.